So-net無料ブログ作成
検索選択

スチームアイロン [愛しの道具達]

日に日に暖かくなってきましたね。
寒い冬が終わってしまうのが少し寂しい。
コートマフラー手袋をした手をポケットに突っ込んで、顔にあたる風が気持ちいいと感じる季節が大好きです。

さて、先日アイロンを壊した話をしました。
裁縫をするにあたり、ミシンと同じくらいなくてはならないのがアイロン。
これがなければ不可能でしょう。
ミシンかけてんだか、アイロンかけてんだかってぐらい常に傍にある道具

もしアイロンを買う時はアレがいいかなぁ~、コレがいいなぁ~とぼんやり考えていた程度なのでいきなり購入の必要が出て正直焦りました。

私、欲しいものはじっくり選ぶタイプです。たまには、ぱぱっと買うけど、基本、粘着質。
じぃ~~~~っと考えて忘れて考えて忘れて・・を繰り返してマス。
7年越しで手に入れた鞄も(笑)でもすっごく気に入ってるからいいの。
本気で欲しいものは本気で迷うからなかなか決まらないのよねー。

で、どんなアイロンが欲しかったかというと。
s11-4.jpgコレとか
s11-5.jpgコレ。

上は完全に業務用。天井から水の入ったタンクを吊下げて使います。タンクには3リットルも水が入るからスチーム切れが少ないのよ。
アイロンの先の形も使いやすそう。
下はボイラがアイロン本体と別になっているもの。ボイラの中で蒸気を起こすので常にパワフルなスチームが期待できます。
コルクの持ち手もかわいいなーと。
でもこれ製品に問題があったらしく、今は販売停止。さすがイタリア製。
ちなみに上は日本製。すんごい惹かれるけどなぁ・・・・。天井から3リットルのタンク・・・。
やりすぎやろと自分に突っ込む。アイロンがけは定まった場所でしないので、天井に吊下げ用のフックだらけ?
ん~~~。いいけどイヤ(^^;

で、次の機能を満たす物を買うことに。
 ①コードあり → コードレスは熱が下がってダメです。
 ②ボイラ式  → やっぱりね~。良質でパワフルなスチームが欲しい。
 ③重さが1kg以上 → ある程度の重みがないと体重をぎゅうぎゅうかけないといけないので。

というわけで、newカマーはこちら。s11.jpg
ティファールのプロミニッツというタイプです。
定価50,400円。
もちろんこんな値段で買ってませんよ。まぁ家電製品に定価なんてあってないようなもんだけど。
冷静に考えてアイロンにしては高いわなぁ・・・。

でも私は一般家庭用のアイロンを欲してしたわけではなく、自分にとって必要なものが欲しかったから、構いません。
もともと嫁入り道具の一つとして買おうと思っていたのです。でもダンナが昔使っていたのがあって、それがコードレスではなかったので気に入り、ありがたく使わせて頂いておりました。
それをあっさり壊したので正直ちょっと凹んでしまいましたわ。普段用と洋裁用と分けてもあるのもいいなぁと思ってたくらいなのに。

さて、このプロミニッツ。
使用感はなかなかです。

まず、シャツで試してみました。
やはりスチームの量がスゴイ!確かにあっというまに皺がのびます。かなり時間短縮です。
音がたまりません。シュシュシュシュ~っとたっぷりのスチームが常時出てきます。
スチーム穴も多く、先のほうまでついているので、まんべんなくスチームがあたります。
しかもかけたあとも皺が元に戻ったりしません。シャキッとしてます。
ボイラには500ccの水が入ります。結構入ると思うのですが、出ていく量もハンパじゃないので意外と早くなくなりました。
500mlのペットボトルを横に置いて作業してます。
昨日はダンナのチノパン、私の長袖シャツ、シングルの布団カバー、枕カバー、各1つをあてた段階でスチーム切れ。
ちょっと早くね?ま、大幅な時間短縮なんで全然OKです。

スチームはぶっといコードを通って本体に入ってくるわけですが、このコード、正直スゲー邪魔。
太いし長いんだよね。1.8mくらいあります。アイロン台に何かをつけて上から吊るせる様にせねば。
しかも収納した状態がイケてない・・・。巻き取るスペースくらいありそうなもんなのに、このボイラの周りにぐるぐると、とぐろを巻いた状態でおしまいってちょっとアンタ。やっぱそういう所は日本製にはかなわんわなー。

s11-2.jpgボイラから本体を外すとこんな感じ。
エヴァンゲリオン初号機を思い浮かべる私。

本体は1.2kg、意外と軽い。持ち手の重心にかかるバランスがよいのでしょうか。実際より軽く感じるのはいいことです。
接着芯をがっちり貼ったり、くせとりをするにはもっと重くてもよかったぐらい。
1kg以上もあるとは思えない軽やかな使用感は、滑りの良い熱面だからか。さすがティファール。
熱面は結構スリムで先のとがり方もいい感じです。


s11-1.jpg温度の調整は結構アナログ。レバーを上下に動かして調節します。結構熱めになる感じ。綿でも少し低めに設定した方がよさそうです。
使って気がついたのが、スチームは持ち手にあるボタンを押し続けなければ出ないということ。
本体を下に向けていれば勝手にシュンシュン出ていたものをずっと使っていたので、最初はコレ、親指が疲れる?と思いましたが、すぐ慣れました。それより、ボタンを押さない限りはスチームが出てこないのは私にとっていいところ。
お裁縫をしていると、今この瞬間はドライがいい、という時があります。指で縫い代を割りながらアイロンで押さえてる時とかね。
いくら面の皮同様指の皮膚も厚いとはいえ、アツアツの蒸気があたれば火傷しまんねん。


s11-3.jpgアイロンとして、かなりの満足度ですが、なんせデカイ!一般的なものと比べると一目瞭然。まぁボイラの分ってことですねぇ。
後、びびったのがアイロン台の裏。アイロンをかけ終わってアイロン台をたたむとポタッっと何かが落ちてきました。ふと裏を見ると、そりゃーもう恐ろしいくらいの水滴が。
そらそーか。あんだけスチーム吐き出してたら、こんだけ水滴もつくよねぇ・・・。
てか、これ毎回拭かないとアイロン台の足がイカれそう・・・。絶対錆びます。雑巾も必需品かー。めんどくせーな。

と、気に入ってるのか気に入ってないのかよく分からんコメントですが、総括、めっちゃ気に入ってます。
手軽にアイロンをかけたい人には絶対にお勧めしない、お気に入りアイロンです。

まだ普段のものにしか使っていませんが、今後は洋裁にもバシバシ使っていきたいと思ってます。
でもコゲがつかないようにアイロンカバーを作ろうと思ってます。失敗から何かを学ばねば。
今まで気がつかんかったんかーい!>自分
タグ:裁縫道具
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

yochi

アイロン一つにここまで書けるきっちゃんに感心!

なるほどなぁ。 私も今のがつぶれたら、そういう視点で探そうかと思いました。

お仕事はずっとやっているの?
暇が出来たら遊んでね。
by yochi (2008-03-04 10:19) 

luckystream

>yochi
イベントお疲れさまでした!今回も行きたかったけど、無理やった~。残念(TT)

アイロンっていうか、単なる家電好き?
アイロンもかなりたくさんの機種があって、見てて楽しかったよ。

仕事はもうすぐ終了です。
またそちらへお邪魔したいので、遊ぼうね♪
by luckystream (2008-03-06 22:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。