So-net無料ブログ作成

コンロ下の収納を改良 [diy]

 
前回と似たようなDIYですが、コンロ下の引き出し収納に手を入れました。
上下2段ある引き出しの上段、深い引き出しの方です。
00.jpg


最近のキッチンってコンロ下の収納が引き出し式になってることが多いですよね。
これって使いやすいような使いにくいような。
引き出しが深いので立てて収納しましょう!というのが一般的なんでしょうか。立てて収納する為のラックを使ったり書類を入れるプラスチックのボックスに収納したりするのですが、スペースがもったいなかったり、サイズが合わず蓋が転がってイライラしたり、あまり上手くできませんでした。

そもそも鍋やフライパン等調理器具って普通丸くないですか。これを立てると不安定になるのは当然ですよね。引き出しを開けた時にガチャガチャ言うのもちょっと苦手。毎日のことですし自分にストレスかからない収納が良いです。

できるだけ平らに置いて、鍋を重ねるのは二つまで。

となると前回の調理小物を入れている引き出しと同じようにもう一段引き出しを内部に追加するのがよさそう。スライドレールは余ってますし、以前の賃貸マンションの脱衣所で使っていた板もあります。
これが図ったように横幅がぴったりでした。
2枚繋げて使いますが奥行きが深くなりすぎるので、ここは頑張ってカット。
ソーガイドを使うと比較的綺麗に切れます。
01.jpg


何度も使い回している一文字金具で繋げます。
02.jpg


入れたい鍋の高さを図り、それが乗る位置にスライドレールを取り付け、棚板を載せて固定しました。
板は白く塗ろうかとも思ったのですが、以前油性のニスを塗ったのでそのまま使いました。
引き出す時に持ち手があると良いなと思い、イケアで買っていた持ち手を付けました。この持ち手、やっと使えたわ~。もう一本あるけど(笑)
03.JPG


高さ10cm程度のタイトな隙間ですが、薄いフライパンや小さなお鍋などは入ります。
04.jpg


追加した上の引き出し。
フライパン、小鍋、玉子焼き器、鍋蓋。
05.jpg


既存の引き出し。
圧力鍋や深鍋など。
06.jpg


ついでに一番下。
上の引き出しに手を加えるとここが結構空いたので今まで入れられなかったものも入るようになりました。かなり床に近く、結構屈まないと開けられないので、季節ものやあまり使わないものを入れることにしました。
大きくて重いステンレスのフライパン。お肉をドーン!と焼く時に使います。
おでんの鍋や北京鍋。北京鍋、最近使ってないな・・・。
07.jpg


ガチャガチャ言わないようになったし使い勝手も向上しました。
鍋って重いから前に引っ張り出したいのに、引き出しだとそれができないんですよね。

もし私がキッチン収納を設計するなら、引き戸にして、それを開けると底だけ、あるいはあっても低い側板の引き出しにするよな~などど妄想しています。
ま、そういうのももちろんあるんでしょうけど、それはこの家が古くなってリフォームする時の楽しみにとっておきましょう。

こうやって既存のものに手を加えていくのも楽しいです。失敗もたくさんありますけど。
さ、次はどこに手をいれようかな。





nice!(11)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 11

コメント 2

YAP

使いやすくなりましたね。
これもまた、プロのような仕上がりに見えます。
by YAP (2017-02-14 08:13) 

luckystream

>YAPさま 
ありがとうございます。
近くで見ると粗が結構目立ちますが、使い勝手の向上はバッチリでした。

by luckystream (2017-02-14 11:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。