So-net無料ブログ作成
その他の手作り ブログトップ

スポンジボブのネームケース [その他の手作り]

 
o24.jpgダルマちゃんがモロッコの帰り、ドバイの空港で買ったボブのぬいぐるみ。
何すんねんろ、と思ってたらニコニコ笑いながら、

「ねーコレ名札入れにしてぇ♪」

ハァ?

目が点になって固まっていると、満面の笑みのまま、これをここにつけてこれをここに・・・と説明してくれました。
いくつだよお前。
作ってあげてる私も私ですけど。

o24-2.jpgで、名札ケースの要らん所をカットし、

o24-3.jpg穴開けポンチで穴をあけ、ボブの手に縫いつけました。

若干浮いた感じになってしまいましたので、ほどいてボブに鋏を入れ、手を分解し、落ち着くように向きを少し変え縫合。

思い返すとめんどくさかったんだよねー。
夜なべしてもうたしー。


o24-4.jpg頭にリボンでクリップのパーツを付けて出来上がり。


o24-5.jpgこんな名札ケース、胸からぶら下げてたら邪魔極まりなくないっすかね。


o24-6.jpg何気なく置いたらチョコンと座って落ち着いてます。
あらカワイイ♪

どうせならこのように座らせて机の上でお使いいただくのはどうでしょうか。一応提案してみましたけど、やっぱり胸からぶら下げてるみたいです。

あり得ん。






オマケ


nice!(16)  コメント(13) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ランプシェード_試作 [その他の手作り]

 
憧れのレ・クリント。
o23test.jpg
ではありません残念ながら。


本物はとってもお高いので。
コチラをチュートリアルにA4のコピー用紙で試作してみたものです。




めっちゃ簡単なのにそれっぽくできるもんだな。
超楽しい!

白熱灯がなくなるのは残念だけど、こういうのはできないね。

もう少し精緻に作ってみたいと思ってます。
当分このままだと思いますけどね。テヘ。




回転蓋付きダストボックス [その他の手作り]

 
o22.jpgリビングのダストボックスを作りました。
ウチのごみ箱はキッチンに2つ、マニカツ部屋に1つ、そしてリビングに1つ。
あちこちに置くと、ゴミの日に家中回収して回るのが面倒なので今のところこれだけです。
リビングにも置きたくなかったけれど、ダルマちゃんも使うし、それは厳しいなと思い、あまり目立たないものを設置することにしました。

希望としては、

 ①中のゴミが見えないよう蓋が付いている物。
 ②ポイっと捨てられるように、回転式の蓋。
 ③中にもう一つ箱があって、レジ袋をつけられること。

買えばいいのですが、探し回るより作った方が早いわ、ということで制作開始。

カルトナージュ、というものをご存知でしょうか。フランスの伝統工芸で、好きな大きさにカットした厚紙を組み立て、布を貼って仕上げます。製本の技術から発展したようです。今回のこのダストボックスは、そんな感じです。

o22-6.jpg厚紙を探しに行ったら、MDF(木質繊維を原料とする成型板)の方が安かったので、強度的にもいいかなと思い、3mm厚のMDFをチョイス。

サイズを決めて厚みを考慮しながらカット。
かっかっかっかたーい!
当たり前です。3mmもありますから。私の馬鹿力でもなかなか切れません。ノコギリで切りたい位ですが、おがくずが出て、サイズが変わってしまうので、カッターで腕をプルプル言わせながら裁断します。厚紙にしとけばよかったと後悔。
2,3日激しく筋肉痛でした。

紙に薄めたボンドを塗って張り付け、形にします。

o22-2.jpgカーテンに使った生地の残りを利用して、周りに貼り付けます。
これも水で薄めたボンドを全面に塗ってペッタリ張ります。
結構難しいのよ、これが。初心者はもう少し小さいものから始めましょう>自分。
一回り小さい箱にかぶせるので、底は作らず、開けてあります。
蓋の柄あわせはどうでもいいや、と思っていたのですが、ちょうど合うところが残っていたのでラッキー。

o22-4.jpg回転軸はどうなっているのかというと。

え~。無印の画鋲を刺しただけです(笑)
MDFの木口面(木材の切断面)は弱いので、あまり釘などは打たない方がいいのですが、まぁ蓋の重みを支えるだけですし。
有効かどうか分かりませんが、刺す前、MDFにボンドをしみ込ませておきました。


o22-5.jpg軸を受ける部分はリボンです。ちゃちい・・・。
画鋲の円周を求め、その半分程度の長さのリボンを、表面の布を張る際に挟み込んで接着しました。


もうここまでで疲れました。
中の箱、どうしようかなぁ。
また堅いMDF切るのは、改めてやる気が出た時にしたいです。
100均でちょうどいいのがあったら買ってしまいそうです。

o22-7.jpgで、今のことろコレです。
ダンボールだよ!ガムテープだよ!

作った外側の箱をかぶせると全く見えません。
しばらくこのままかも・・・(笑)
ま、そのうちに。


o22-8.jpg少しボンドが滲み出てしまって、汚れた部分もあるのですが、カーテン、クッションカバーとお揃いになりましたし、何よりあまりその存在を主張しません。お気に入りのダストボックスが出来ました。

カルトナージュ、楽しいけど、難しいなぁ。
色々作ろうと思ってたんだけど、ちょっと先になりそうです。




バターナイフ [その他の手作り]

  
o21.jpg先日、近くの教室でバターナイフを作る講習があったので参加してきました。

と、言ってもほぼ完成に近いバターナイフを先生がご用意してくれていて、それを仕上げていくだけの簡単なものです。
木のバターナイフは欲しいなぁと思っていたし、楽しそうやな~と。

南京カンナという道具を使って、シュリシュリと削って仕上げていきます。使い方にちょとコツが要りますが、そんなに難しくありません。

素材はサクラ。ほんのり赤味を帯びた色合いがいいですね。草木染めでピンク色を出す時は花が咲く前の桜の木を使うそうです。へぇ~。

最後、亜麻仁油を塗って出来上がり。
かわいい~。いい匂い!

南京カンナ南京カンナとはこんな道具です。
借りたものはもっと小さくて使いやすいものでした。
聞くと、先生の自作だそうで。
そうそう!職人は道具も自分で作るのよ!
そういうの、シビレるわぁ~。

道具を作るにも道具が要って・・・。
どこから始めればいいのか(^^;
何でも手を出したがる私は道具を揃えるのも好きです。
が、今はやめておきます。(当たり前だ)


o21-2.jpg
出来上がって
「木工のご経験がおありですか?」と聞かれました。
あら嬉しい。
褒め言葉として頂いておきます。[黒ハート]
何事においても永遠にそのレベルから脱しない、下手の横好きさんです(^^ゞ


迎えに来てくれたダルマちゃんに見せたら、バターナイフをブンブン振り回しながら、

daruma01.gif「へぇ~いいじゃん!」

コヤツには一生使わせません・・・。
オシャレな食卓には縁遠いダルマ家です。(T△T)


花モチーフのブローチ ~母の日に [その他の手作り]

花モチーフ

母の日のプレゼントです。
お義母さんにはマフラーを編んだのですが、それと一緒に使えるように。

手持ちのビーズで作ってみました。
久しぶりのビーズワーク。
楽しいけどこれは肩が凝るわ~(笑)バリバリです。

ビーズでブローチを作るなんて、優雅な有閑マダムっぽいと思った?
現実はコレですよ~~~~。
勇気ある人はクリックで拡大してね。
 ↓
とっとと片づけなはれ


ダメだこりゃ。
優雅もへったくれもありません。
オヤジがプラモデル作ってる図と大して変わりありません。

おひさま煌めく昼下がり、テーブルの上にビーズを広げてお紅茶でも飲みながら・・・・。
なんてのには程遠いです。( ̄- ̄;)
草木も眠る丑三つ時、髪をひっ詰めてメガネを光らせながら猫背でチマチマ・・・・。

コワ。

テーブルにビーズ置いたら、下に落ちてなくなるのよ~(TT)
で、仕方なく床で作業。
仕方なく、ですよ仕方なく。

あ~名誉のために言っておきますが(今更)、こんなに散らかしているのは一時だけです。終わったら片付けますよ。エエもちろん。
意外とコレが楽しかったりするんですが。混ざったビーズを分けるとか・・・。

しかし目が悪くなったというのは貴重な財産を失ったようです。
メガネ歴3年程ですが、集中力まで失ったような・・・・。
普段はメガネなしで生活できますが、車の運転や映画館では必須。
このビーズのような細かい作業の時は本来かけた方が良いのでしょうが、邪魔!
かと言って、ちょっと遠くは見えなくてイライラするし、かけると顔が疲れるし・・・・。
かけたり外したり、が一番良くないのかもしれません。

大学を卒業するころは両目とも、まだ2.0でした。
仕事柄、というか今の生活において視力の低下は致し方ないかもしれませんが、
目が良いというのは素晴らしいことだったと痛感しました。

もりつけ箸 [その他の手作り]

 
元は割りばしお恥ずかしながら、ワタクシ、料理の盛り付けがものすごく下手です。
居酒屋バイトをしていたダンナの方がよっぽどウマイ。
気合いを入れて魚をさばいてお刺身にしても、盛り付け方が最低なので、どーにもこーにも美味しそうではありません。
亡くなった伯父は魚をさばくのが上手く、盛り付け方も自分なりのルールがあって、美しいものでした。習っときゃよかった(><)
料理上手の義姉の料理やお店でもじぃっと観察しているのですが、一向に上達しません。
ある時、料理人の方が細身のもりつけ箸を使っているのを見て、アレがあると少しは上手にできるかなと思い、買おうと思ったら、めっさ高いやんか!一膳くらい買ってもいいけど高いし、あんまり使わなかったらどうしよう。
そういう時は試しに自分でお手軽に作ってみるに限ります。

o19-1.jpgコンビニでもらった竹の割りばしとカッター。
やすっちい材料ですが、いいんです!
鶴屋吉信本店で実演を見ながら生菓子とお茶を頂いた時、職人さんが
「職人ちゅうもんは必要な道具も自分で作るんです。」って言ってたし!
タダの割りばしを削っただけで、同列にしたらあの職人さんにしばかれそうですけど( ̄▽ ̄;


高校時代、鉛筆デッザンを習っていたので、鉛筆を削るのは割と得意。
今でも気持ちを集中させたい時に削ることもあります。
食べるものに使うので新しい刃を使いました。
何かを削る前には必ず刃を折りましょう。コレ、鉄則。

o19-2.jpg細く削りすぎた感はありますが、かなり使いやすい。
依然として、ド下手くそな盛り付け方ではありますが、スピードは若干上がったような気がいたします。

は~。日々是精進。



タグ:調理道具
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
その他の手作り ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。