So-net無料ブログ作成
検索選択

田原酒造 [お酒]

新潟へ買出し旅行をした時、買ったお酒。
これがなくちゃね~左:「雪鶴」
田原酒造 純米吟醸 無濾過生原酒
袋しぼり 精米歩合58%
日本酒度 +3 酸度 1.4
2,730yen

 うっすらとした濁りがあります。
 上品な味。辛み、酸味、控え目です。
 キリッと冷やした方が好き。

********************
右:「雪鶴」
田原酒造 純米大吟醸 特別限定
精米歩合 50% 原料米 五百万石
日本酒度 +4 酸度 1.3

 大吟醸、飲みやすすぎる(笑)
 4合瓶、あっという間になくなって味失念。
 ついでに値段も忘却の彼方。orz

どちらも試飲をしてから買ったので安心して飲めました。

新潟のお酒ってどれも美味しいと思う。
初めて日本酒って美味しいなぁ!としみじみ思ったのは佐渡のお酒「北雪」。
純米酒を飲んだのか吟醸酒を飲んだのか忘れましたが、私の日本酒の原点。
今となっては「北雪」の全てを取り寄せて、味比べをしたいところ。
 
タグ:日本酒

心通う。 [お酒]

私のブログに、なんでこのカテゴリがなかったのか(笑)
飲んだお酒を記録しておきたいなーとは思ってたのですが、あんまり書くとね。
親から怒られそうだし。飲み過ぎ!って・・・(^^
でも私じゃないですから、ほとんどダンナはんですよ!ホントに!

「酔っ払い」と聞いて思い浮かべる姿はどんなでしょうか。
色々あると思いますが、それらのほとんど全てを経験したでしょう。
お陰で自分のキャパも分かってる(つもりだ)し、今はたしなむ程度で♪

今日は青森のお酒を。
以前にも書いてますが。

feb270901.jpg左:「無ろ過 生」
八鶴 純米吟醸
3,150円(1升)
いつ飲んでも美味しい。大好きなお酒。
我が家の基本の1本。


右:「元旦しぼりたて」
八鶴 普通酒(無濾過生原酒)
2,000円(1升)
元旦に搾ったお酒。
できれば酒蔵で受け取りたいなぁ!
荒いうちに1本完飲。もう1本は半年ぐらい寝かせるつもり。


feb270902.jpg「立春朝搾り」
八鶴 特別純米生原酒 1,575円(4合瓶のみ販売)
フルーティだけど、米の味がしっかり残っていた気がします。なんで1本しか買わんかったんぢゃ?
予約販売のみなのに・・・・(TT)
ラベルの裏には「大吉」と書かれていました。
きっとみな大吉なんだろうけど、なんか嬉しい♪

「マグロ一筋」手ぬぐい、背景にはウルサイですね(汗

これらのお酒は青森は八戸にある木津商店さんにお願いして送ってもらいました。
優しくて声の可愛い奥さんのお陰で今年も飲むことができました。
この人もきっとお酒好き。
元旦しぼりの1本は寝かせてます、と電話で話したら、とても嬉しそうに
「時期が違うとまた違って、とてもおしいんですよ。」と話してくれました。
もちろんお商売のこともあるだろうけど、電話をくれる時はいつも、
「いかがですか」の前に、「どうでしたか」と前に購入したお酒の味を気にしてくれる。
自然と買いたくなる。

またお願いしますね!

タグ:日本酒

美味、此の酒。 #2 [お酒]

美味しいお酒シリーズ第二弾。

dec2108.jpg左は田中屋酒造店の「水尾」というお酒です。
長野県産の「金紋錦」というお米を使った純米酒。
ほのかな甘みで飲みやすい!
次はコレの特別純米酒かしぼりたて生一本を飲んでみたい。

右は「純米吟醸 山廃造り 真澄 ニ夏越し」です。
山廃好きですから~。
これはがっつり純米酒。
熱燗がウメェ!
でも3,000円超/升のお酒を燗にするのもどうかと・・・。
私、熱燗はパック酒でいいのです(笑



一緒に写っているのは山梨ワイン「樽」。
これは結婚式にも出した、お気に入りのワイン。
日本のワインは食中酒として最適だと思うんですよねぇ。
重すぎず渋すぎず。

さて、クリスマスには何を飲みましょうかね・・・。

美味、此の酒。 [お酒]

長野美味しいお酒はないかいな、と物色。
乗鞍へドライブ途中、よさげなお酒屋さんがあったので入ってみました。
少し前に飲んだ「夜明け前」というお酒が欲しかったのですが、店内をぐるっと見て回ると。
あ~この店ヤバイよ~。旨そうな酒ばっかり~~。
前頭葉にビシバシきまくりです。
こちらでよく目にするのが「大雪渓」というお酒なのですが、それもかなりの品揃え。
悩んだ末のお買い上げ商品はコチラ。「夜明け前」はどこいった。
1.jpg右は宮坂酒造の「みやさか 純米吟醸山廃50」。
宮坂酒造は「真澄」で有名ですが、こちらはファミリーネームを冠したお酒。
お酒の詳しい人から「アンタは山廃好きだね。」と言われたことがあるので、コレコレ♪と選びました。
左は大雪渓酒造の「純米吟醸 大雪渓 無濾過生原酒」。元来無濾過生原酒好きですから、そこへ数量限定とか来た日にゃ~。
買うしかないでしょう!
どちらもすでに空。大変美味しゅうございました。
「みやさか」は宣伝文句どおり香り爽やか、上品な酸味を感じました。
「大雪渓」はやはり無濾過生ですから、ガツンとキリっと香り深く。余韻も強く。
あ~。美味しかった!


もうないねぇ。
また買いに行かなくちゃ、なんて思ってたら、ダンナはんの心のふるさと、青森にある木津商店のおばちゃんから電話。
「平成21年 八鶴 元旦しぼりたて」予約受付してますからよろしく~。だって。
1升瓶6本までなら送料も700円ですし、半年、1年と熟成させて味の違いを楽しむのも美味しいものですよ、なんて台詞も付け足して。そんな魅力的なこと言わないで(笑
ウチの酒係数なんぼやろ・・・・。

* * *

2.jpgここ2,3日風が大変強く、山から雪も舞ってきました。もともと乾燥している土地でしょうが、おかげで埼玉では10日ほどかかっていた切干大根が、ものの3日で出来上がりました。
あまりの風の強さに乾燥し始めた大根が飛んでいってしまいそうでハラハラしましたよ。
切干大根は、生の大根を薄い短冊に切って干すだけ。2本分がビニール1袋にもなりません。


自家製切干大根は傷みやすいので冷蔵庫で保管。でも市販品にはない甘さと柔らかさが味わえます。油揚げや豚バラをほんの少しと人参と一緒に煮含めて、滋味深い味。これぞ和食って感じ。
もちろんポン酒のアテにもよろしゅおす・・・。
もうえぇっちゅうの(ー"ー;
タグ:日本酒

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。