So-net無料ブログ作成
検索選択
レシピ拝借 ブログトップ
前の10件 | -

自家製ホワイトミートツナ [レシピ拝借]

 
ビンチョウマグロのアラが400gで100円。
これを使ってツナを作りました。
IMG_4747.jpg
あぶかもさんふぐさんレシピを拝借。

猛烈に美味。
ほぐして使うつもりですが、大きな身のまま食べたい衝動にも駆られています。
っていうか、かぶりついた。
少し塩がきつめに仕上がってしまったので、白ワインに合うことこのうえなし。

スープも出汁が効いてて(当たり前か)激うま。
冷蔵庫で冷やしていたら、ふるっふるのぷよんぷよんに煮こごっていました。
これまたこれで、この状態で何かに使いたい!
野菜を閉じ込めてジュレ寄せ(?)なんて、夏によさそう~。

今回はフランスパン焼いてツナサンドを作ろうと思ってます。
楽しみー!








タグ: 魚貝料理
nice!(13)  コメント(12) 
共通テーマ:グルメ・料理

テンイチのラーメンをコピってみた [レシピ拝借]

 
書きたい旅日記もあるのですが。
結構、衝撃的だったので先にこれを書きます。

10月頃、ダルマちゃんが面白そうな雑誌を買って帰ってきました。
dancyu2012年10月号の別冊、 料理男子vol.6「めんラブ」 です。

男性受けしそうな麺のレシピがたくさん掲載されていて、なかなか興味深いものでした。
中でもあの天下一品のラーメンの味をコピーしてみようという記事があり、具体的なレシピと手順が掲載されていました。
もちろん本物のレシピは門外不出だそうですから、味コピーの得意な方が考案されたレシピです。

皆さんは天下一品のラーメンを召し上がったことがありますか?
あのドロッドロでザラっとした舌触り、唇がメチメチ音を立てそうなほど脂っぽく、カロリギッシュなスープが特徴です。
男性陣にはお好きな方が多いですね。
かなり中毒性が高いようで、週に何度も食べられる方もいるとか。
私も嫌いじゃないです。ま、5年に1度くらい食べられたら十分かなって気もしますが。

と、まぁそんな危険な香りのするラーメンの味コピーができるなんて驚きです。
当然ダルマちゃんが作って作ってと騒ぎます。
ハイハイ、作りますよ~。

で、麺も打って作ってみました。

詳しくは本をご覧頂きたいですが、要は野菜を煮込んでピューレにしたものと、かなり濃厚な鶏白湯を合わせてできるスープです。圧力鍋を使うと少し時間短縮ができるということだったので使いましたが、それでもかなりの時間を要し・・・・。
つくづくヒマだな、私。

03.jpg今回の麺はいつもの粉を切らしていて、強力粉ではなく中力粉を使いました。
なので、かんすいを使っても腰の弱めな麺ができました。
ま、テンイチの麺って結構柔らかいから結果的にこれでよかったかも。
太さもテンイチっぽく太めに。
この美味しそうな埼玉県産小麦粉、うどんを打とうと思ってたのに・・・。


昨日までに全てのものを準備して、今宵、いざ実食!

01.jpg

どう?見た目、かなり似てませんかー!
※チャーシューは全く別のシロモノですのでスルーして下さい。

もちろん私は作成段階でスープの味見をしていますので、おおよその見当はついていますが、麺や具と合わせると変わったりすることもあるので、どうかなぁとちょっとドキドキ。
ダルマちゃんの目は輝いています。

02.jpgズズズ・・・。うぉう、めっちゃ似てる!
このドロドロ具合、テンイチっぽいわ~。
味もかなり似ていると思いました。
もっとザリザリした感じがするよな、とか、ここまで脂っぽくないような気がするとか、相違点はもちろんありましたけど、いや似てる似てる♪
美味しいし^^

実は読んでいるだけで胸やけがしそうなほど鶏皮や手羽先の量が多いレシピだったので、ハナから減らして作ったのですが、それでもかなりのコッテリ具合。

へぇ~。こんなの家で出来ちゃうんだね~。
面白いね~、と言いながら完食。
麺にスープが絡みついてくるので、ほとんどスープも残らず。

なかなか面白い検証でした。
随分たくさんヒントを得た気がします。
ウチで食べるラーメンに於いて、ここまでデロデロのスープである必要はないので(テンイチが食べたきゃ食べに行くわ)、もっとあっさりと、でも野菜を煮込んだり鶏白湯を使ったりして、自分らしいラーメンスープを作ってみたいなと思いました。

ラーメンはスープが命か、麺が命か。
なんて議論もありますが、どっちも大事。
どっちもあれこれ試行錯誤してウチラーメンを作っていきます。

ラーメンなんか外に食べに行けばいいのですが。
作る過程が楽しいのですよ、コレ。





読みこんで既にくたびれてきました。
女子だってめんラブだっちゅーの。

dancyu2012年10月号別冊 料理男子vol.6「めんラブ」

dancyu2012年10月号別冊 料理男子vol.6「めんラブ」

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: プレジデント社
  • 発売日: 2012/09/14
  • メディア: 雑誌




nice!(16)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

塩麹鶏の朴葉包み焼き [レシピ拝借]

 
先日、壽丸さんが朴葉を使ってお料理をされていました。
生の朴葉を探す旅に出ます、とコメントしてみました。
暗に送って送って攻撃です。ずーずーしい・・・。

どーん!そしたら!ほんとに届きましたよ~!
どっさり生の朴葉!
緑がすごくきれいです。
新しい葉っぱなんでしょうね。やわらか~い。
安曇野でも見かけた気がするのですが、分け入るのが難しそうな所に生えていて、断念しておりました。

他にも木耳やゼンマイ、貴重なものも頂いて・・・。
壽丸さん、ありがとうございました!

生朴葉で作りたいもの。そりゃもうコレですよ。

塩麹鶏の朴葉包み焼き。

以前拝見してからずーっと作りたかった、もとい、食べてみたかったのです。

鶏もも肉を塩麹に漬けて朴葉に包んで150度くらいのオーブンで30分ぐらい。(すごい適当)
ダルマちゃんとお酒を飲みつつ、肴をつまみつつ、焼き上がりを待ちます。
写真は適当!
できたー!何?芳しいこの香り!
二人でフガフガしながら朴葉を開けます。

今日はあぶかもさんから頂いた、甘い甘い玉葱を敷きました。
これがまた・・・・。たまらん・・・。
もっと入れたらよかった!

生の朴葉は水分があるので、しっとりと蒸し焼きのような状態になります。
美味しい!
この溜まったスープも一気飲みです。
こんなに美味しいのに、切って乗せて包んで焼くだけ。なんて簡単!

山葵をするのはダルマちゃんの役目です塩麹に漬けておく時間が少し短かったので、いつもより少しあっさりした味。
そこへ、ちょこっと生山葵を乗せたら美味しくて。

←ちょこっとじゃないですよね・・・。
安曇野の山葵はそんなに辛くないんです。
爽やかな辛さ、とでも申しましょうか。
山葵苦手な人にも食べて欲しい、そんな山葵です。


あぁ美味しかった・・・。
今度は魚でやってみよう。何がいいかな。
ありふれた魚でもミラクルに美味しくなりますよね、絶対。
鱈とかサーモンとかでやってみたいと思います。

もう一個食べるー!そして今日のお昼は朴葉寿司。
以前、木曽で食べたものが美味しくて!

ぱんの日さんの記事を参考にさせてもらって作りました。
ダルマちゃんのお弁当も朴葉寿司にしましたよ。


美味しいもの。
美味しいレシピ。
ブログの繋がりに感謝です。


タグ:塩麹
nice!(22)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

煮穴子丼 [レシピ拝借]

 
玄米だったりする。

伊勢に住むダルマちゃんのお祖母ちゃんから、よくお魚を送って頂きます。
必ず入れて下さるのは穴子。
これを頂くと必ず作るのが煮穴子丼。
あぶかもさんのレシピを参考にさせてもらっています。
今日のお昼も穴子丼を頂きました。

さとねりちゃん今回は、みりんの代わりに、これまたあぶかもさんから頂いたさとねりを使ってみました。
さとねりに関するあぶかもさんの記事はコチラ→☆
頂いた時、その風貌から丁稚羊羹とか、何かお菓子かな?と思ったのですが、黒砂糖の一種です。
これが本当に美味しい!
いわゆる黒砂糖よりアクがない感じなのに、ふかーい甘味があるのです。煮物には最適。
ウチはダルマちゃんの帰りが遅いので、煮魚をよく作ります。
温めなおして美味しいものって作っておくと後が楽でしょ…^^;
置いたほど味が染みて美味しいし。

穴子が来たら(完全にアテにしてますね・・・。)是非このさとねりで、と思っていたので、早速♪
思った通り、とっても美味!
味が深くなると言えばいいのでしょうか。
他ではどうしても出ない甘味になる気がします。
こんな貴重なもの、ありがとうございました。


次回への備忘録。
穴子を蒲焼風にもしたいけど、私にはハードルが高くてできないのですが、今回食べている途中にふと思いついて、煮穴子の表面をバーナーであぶってみました。
焦げ目が香ばしくてこれもいい!
なんちゃって蒲焼風です。手軽でいいね^^


あぶかもさん、いつもありがとうございます♪
今晩は博多皿うどんでございまーす!


タグ:魚貝料理
nice!(17)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ひともじのぐるぐる [レシピ拝借]

 
節電中につき薄暗いです。


「ひともじ」とは「一文字」もしくは「人文字」と書いて、「分葱(わけぎ)」のことです。
って私も知らんかったんですけど~。
このひともじのぐるぐるは熊本の郷土料理だそうで、見ての通り、わけぎをぐるぐるしたものです。

2010年のうかたまvol17に掲載されていたもの。
料理本は捨てられず、増え続けるので、こういった雑誌類はあまり買わないようにしているのですが、この本の特集が酒の友だったんですよ。買わずにいられようか?
しかも塩麹を使った料理も載っていたので、んもー♪

で、まぁレシピってほどのこともないのですが、わけぎを茹でて、ぐるぐる巻いて酢味噌で食べる料理です。
根の方を指に2回ほど巻き付けて指から抜き、それを芯にして残りの部分を巻き付けます。
巻き終わりを指できゅっと押さえると、わけぎのぬめりでほどけません。

茹でた後、面倒でも醤油洗いをしておくと水っぽくなりません。
軽くしごいてから巻いた方がいいのかも。私はしごかずに巻いたので、中に水分が残り、プリっとした食感でした。

本ではわけぎの横に蒸したアサリ、茹でた蒟蒻も添えてありました。
いいねいいね。タコとかホタルイカなんかもいいよね~。

わけぎの旨みがムギュっと詰まって、大変美味しい酒の友でございます。
私はお酒のつまみは蛋白質系のものより、野菜が好きです。
しかも自分で味をちょいちょいとつけるもの。
野菜スティックとかね。

ただの手抜きやんとか思った人、一歩前へ。


お義父さんの畑でわけぎが食べ頃になっていました。
収穫期が短くて、2週間くらいかなぁ。
自称、野菜大好きですが、食傷気味になる野菜もあります、ほんとのところ。でも、このわけぎはタイミングを見計らって頂きにあがります。
次行った時はもうないでしょうね。今回レタスも狙っていましたが、すでに葉が固くなっていました・・・。真中の柔らかいところだけ生で頂きます。採れたてレタスの美味しさったらもうないですよ。一気に3玉食べたこともあります。
固くなった葉はオイスターソースで炒めるか、生姜とベーコンを一緒に入れたスープにしています。

これから暖かくなって、野菜が急に大きくなります。
わけぎの横では玉葱、離れていんげん、絹さや達がスタンバイしています。
畑の端っこには苺が大量に植えられていました。
楽しみです。

言葉遊び。


タグ:野菜

博多皿うどん [レシピ拝借]

 
さぁ完成した麺を食べてみましょう。
レシピはもちろん、あぶかもさんのものを。

電球色の下でスミマセン

お~。美味しーい! 確かに汁なしちゃんぽん!
きっとお店だったら本格的に豚骨スープをとって、もっと美味しいのでしょうけど、家で食べるには最高!
野菜はなんでもいいでしょうね。その時あるもので。そういう気楽さも大事です。

ちょっと麺が太すぎたような気がしますので、次回への課題として。
卵はほとんど主張をしていません。意識して食べると、ツルツル感が普段より若干良い感じ。
縮れ麺にしたのは正解ですね。よく絡みます。
でもちょっとコシがないというか・・・。太いから食べごたえはあるのですが・・・。
やはりもう少し寝かせたいなぁ。でも生卵が不安です。


不安ですが、やってみましょう。
あと二日寝かせてみました。
海老がなかった。

茹でる前の麺の色はさほど変化なし。
同じレシピでリトライ。
ムチムチ麺

やはりこの日の方が麺にコシが出て、美味しかったです。
う~ん。でももう少し水分を増やした方がいいかもなぁ・・・・。太い麺にはその方がいいような気がしてきました。

スープももう少し煮詰めたらよかったな。
懸念の卵は大丈夫でした。
でも私、あまり胃腸は弱くないのでアテにならないかもしれません(汗

そして先ほど新たな試みを。
冷凍した麺を解凍せずに茹でてみます。
解凍してから茹でたことはあったのですが、ちょっと頼りない麺になる感じでした。
冷凍保存して、味がさほど落ちずに食べられたら理想的ですよね。

結果はと言うと、まぁこんなもんかぁという程度(笑)
特に大失敗とか食べられたもんじゃない、というレベルではありませんが、やはりややコシが弱めでプツっと切れる感じは否めません。堅めに茹でて、冷水でよく締めてから使いました。締めた方が良さそうです。
冷凍はできれば避けた方が、と言うところでしょうか。

あぁでもこんな麺は近所のスーパーではまず買えないな。それだけでも打つ価値あるかな^^
またちょっと違う配合でも試してみたいですね。
粉が切れたので注文中です♪
何でこう、新しい粉を買う時って楽しいんでしょうね。いつもと同じものを買うだけなんですけど。


nice!(25)  コメント(25)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

山菜の油炒めと冷やしおでん [レシピ拝借]

 
先日、ピンポーンとチャイムが鳴りました。
ダルマちゃんがamazonでポチっとしてたな、と思いながら出ると、

「ダルマちゃんとluckyさんにお届けものでーす。」って。

アレ?私なんも買ってないぞー・・・?

見ると壽丸さんからの贈り物♪
わーい、何何??と思って開けると、
どっちがゼンマイでどっちがワラビしょう最上町の干しぜんまいとわらび!
やったー!前、欲しい欲しい攻撃してたんです(笑)
ちゃんと覚えてて下さって、今年のものがあったから、と送って下さいました。ありがとうございます~!
封を切ると、うわっ。すごい匂い!
人様から頂いたものに「匂い」って失礼なんですけど、「香り」って言うより「匂い」です。
日向の匂い。
真夏、田舎のお祖母ちゃん家で嗅いだような懐かしい匂いです。

ポン酒に最適♪早速頂いたレシピをもとに、油炒めを。
1日半ほどかけて灰汁抜き(ってほったらかしですけど。)して、蒟蒻と人参、さつま揚げと共に。
ダルマちゃんもぜんまいやわらび、大好きなんです。戻してる時からピャーピャー騒いでます。
三角食べの出来ない人で、美味しいものから片付けていくのですが、当然のように、真っ先に空(笑)
滋味深く、優しい味でした。常備菜にも最適です。冷めても美味しい。和食って便利よねぇ・・・。
とっても美味しいもの、頂きました。ありがとうございました!


で、こちらは昨夜の晩ご飯。そして今日の私のお昼ご飯。
タマゴラヴァーはタマゴを丸飲み冷やしおでんです。
ぱんの日さんが作っておられたのを見て、あ~いいなぁ。美味しそうと思って真似っこ。
ぱんの日さんのはもっと野菜たっぷりだったんですけどね(汗
トマトが美味しそうだなぁと思っていたので、トマトは必須。ちょうどいい大きさのものをお義父さんから頂きました。

冬のおでんより少し濃いめのお出汁で具を煮て、よく冷まします。トマトは最後に入れてほんのひと煮立ち。崩れるからね~。湯むきして味がしっかり滲みてます。
おぉ、間違いなくおでんだ!
すぐ出来るし、食べるまで冷やしておけるので、夕飯時には暑さでクタクタに疲れていても大丈夫。
この一週間、本当に食事の用意が辛かった・・・・。
暑いし夏野菜には追いかけられていたし(笑)

お義父さんの畑の夏野菜もそろそろ呆けてきています。
ちょっと一息かな^^


nice!(19)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

マルイカでいかしゅうまい [レシピ拝借]

 
さて、宣言通り、連続投稿です。
マルイカで作りたかったもの、それは、イカしゅうまいです。

昔から萬坊のいかしゅうまいが大好きで時折食べていたのですが、そういや食べてないなと、ふと思ったある日、自分で作ってみました。スルメイカで自己流で作ってみたものは美味しかったけど、う~~~~これじゃない!
やっぱ買わなアカンかー。と諦めてしまいました。

その後、あまりの美しさに思わず目を見張ったあぶかもさんのレシピを読むと、イカはマルイカかケンサキイカがベストなようです。が、なかなか手に入りません。マルイカは見かけないし、ケンサキイカは決してお安くないし、結局、いつか作ってみたいけどいつ作るねん的な存在になってしまい、それ以降ほとんど作らず、でした。

それが昨日、とうとうマルイカと出会うことができました!
あぶかもさんからの頂き物。嬉しい、嬉しすぎる!

へぇ~こんな大きさなんだ~。
あ、ほんと、スルメイカより皮がむきやすい。


お~~~~いし~~~~い!
かつて自分が作ったものとは比べ物になりません!
甘みと柔らかさ、これこれ!

口に運びながら勝手に笑みがこぼれます。
ダルマちゃんも大喜び。
というか、ダルマちゃんは萬坊のいかしゅうまいの味を知りません。
やばい、これ食べちゃったら、もうこれしかダメかも(笑)

これまた♪揚げても、とのことだったので今朝、揚げてみました。
フフフフフ。
美味しい~。
もう笑うしかないわ・・・。
ダルマちゃんにはお弁当に詰めて。
私もお昼に頂きますよ。

私のミスは、お酒がどばっと入ってしまったので、少しゆるくなってしまったこと。
若干扁平な形です。
でもまだ冷凍庫にマルイカあります。リベンジ~!と行きたいけど、別のものも作りたいんです。
なんと悩ましい(笑)


さて、美味しいものを、もういっちょ。
これは少し前に作ったものです。
ダルマちゃんの伊勢のお祖母ちゃんから、よく冷凍のキスを頂きます。
いつも天ぷらや南蛮漬け、パン粉焼きにして食べるのですが、たまには違う食べ方にしたいなと思っていた矢先、あぶかもさんがキスを使ったお料理をされてましたので、おぉ~これはこれは!と追いかけてみました。


キスの蓮根揚げ団子です。 レシピはコチラ リピ決定!


これも目からウロコの美味しさでした。
キスは何にでも合いそうな気がしますが、蓮根とは!
お箸が止まらない逸品です。

山葵の茎あいにく枝豆を切らしていたので、冷凍庫にいつからあるのか不明な山葵の茎を入れてみました。当然香りは飛んでしまったけれど、色は綺麗にできたかな^^

こちらの反省点は蓮根もグルグルブレンダーで回してしまったこと。
回し過ぎです。
少し別にして包丁で粗みじんにしてもいいかも。シャリっと歯ごたえがいいかな。


どちらも、また作りたいですね。
マルイカは無理でもケンサキカ・・・・も無理でも、スルメイカでリトライしようかな。
以前作ったのは分量が適当だったので、このレシピの分量で作ってみたいです。
絶対スルメイカじゃない!と思ってましたけど、もう一度味の確認もしたいし、案外楽しみになってきました♪

あーお腹すいた!



タグ:魚貝料理
nice!(20)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

アマダイの清蒸 [レシピ拝借]

  
魚の旨み凝縮~


年明けに作りました。
abukamoさんに頂いたアマダイをおろし、半身を冷凍しておりました。
冷蔵庫で解凍して、abukamoさんのレシピを真似っこして清蒸に。
abukamoさんはふぐさんのレシピを参考にされていました。美味しいもののリレーです♪

しょっつるの代わりにナンプラーで。
ピーナッツオイルの代わりにゴマ油で。

と、フツーの調味料で代用してしまいましたが、めっちゃめちゃ美味しいの!
きちんとした蒸し器を持っていないので、Φ25cmのフライパン+スチームプレートで代用。
なんとかギリギリ入りました(入れました)。頭落としてこの大きさです!

ダルマちゃん、あっさりした口当たりに最初は無言。

でしたが、ゴキュッと飲み込んだ後、

「ウマっ!」

「ウマっ!!」

「ウマっ!!!」

とデカくなる声に比例して、加速する箸。シュタタタタタ。
千手観音もベックラな残像が見えます(@@;)

待て待て待てーぃ!
私も食べるっつーねん!
大皿に盛り付けると、情け無用、弱肉強食のバトルが待っております・・・。

蒸す料理って素材の美味しさが凝縮されますね。
生姜が香って身はふんわり、葱と白菜は魚のお出汁が染みて、いくらでも入りそうです。
ふぐさんのイサキもとても美味しそうだったので、次はイサキでやってみたいです^^

残ったたっぷりのアラはもちろん潮汁に。
でもこれでラーメン作ってみたくて♪

地味やわ・・・。
見た目地味ですが滋味深い味です。
潮汁に醤油と自家製ラーメンダレ(主に魚介出汁に大量の塩を入れて煮詰めたもの)で味を調え、
焼いた白ネギと鶏ハムを乗せました。鶏ハムは塩分の一部を柚子胡椒を使ってみました。
ほんのり柚子が香って「和」な感じです。
富山で買ってきた根こんぶとろろと海苔も乗せて。
ダルマちゃんはこれに茹で卵をon。
三つ葉をのせりゃよかったなぁ!

細麺
麺は上品に細麺です。
これは絶対細麺だと思いました。
安曇野のつめた~い水でキュっと締めてから使います。

美味しい食材は生活を豊かにしてくれますね。
身もアラもすっかり使い切って、ごちそうさまでした!(^人^)


 

nice!(23)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

大切にしたい本。 [レシピ拝借]

今日、心待ちにしていた本が届きました。

カリフォルニアばあさんの料理帖

カリフォルニアばあさんの料理帖

  • 作者: レイ 久子
  • 出版社/メーカー: 毎日コミュニケーションズ
  • 発売日: 2009/08/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


大好きなchiblitsさんの本です。
早速手に取って最初の一文字から読み始めます。
ご自身の紹介、ご家族の紹介。かわいいイラスト。
夢中で読みました。
レシピは綺麗な写真と丁寧な説明。
もう何度もブログやホームページで拝見しているのですが、いつ見ても美味しそう!作りたい!
思うことはそればかりです。
真似して作ってみたレシピ、これから作ってみたいレシピ、とても充実しています。

何より、chiblitsさんのお人柄、優しくて明るいご家族の皆様。
あたたかさと幸せが伝わってきて涙が出ました。

chiblitsさん、ありがとうございました。

ぼろぼろになっても使います。
ずっと大切にします。


nice!(19)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | - レシピ拝借 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。