So-net無料ブログ作成
ウチメシ ブログトップ
前の10件 | -

全粒粉麺の鶏そば [ウチメシ]

 
先日、全粒粉を入れた中華麺を打ち、鶏そばを作ってみました。
これが大変よくできました!
01.JPG

プツプツとそばかすのような表情が素朴です。
02.JPG

国産の強力粉に同じく国産強力粉の全粒粉を1.5割。
塩、かんすいは粉比2%。
水分量は粉比41~2%。

次回はもうちょっと全粒粉を増やしてみるつもりです。
全粒粉100%で、とかもやってみたいのですが、失敗しそうでコワイわ・・・。

鰯の焼き干しと昆布で取った出汁で作った鶏ハムを乗せ、そのお出汁に顆粒の鶏ガラスープの素を少々加えて味を調えスープとしました。
これがしみじみと大変美味しかったのです。
焼き干し、いい仕事するね。
また作りましょう♪




続きを読む


nice!(18)  コメント(9) 
共通テーマ:グルメ・料理

閖上の赤貝 [ウチメシ]

 
震災から5年が経ちましたね。
普段は見ると辛いので避けていた映像も、昨日は忘れちゃいけないと思ってTVをつけたりしていました。

昨年末、今までよく分からずためらっていた「ふるさと納税」を試してみました。
少しずつですが、東北地方を中心にいくつかの市に納税しました。
その一つが宮城県名取市。
以前TVで見た閖上の男の子のことが忘れられず、元気にやってて欲しいと願っています。

皆さんご存知の通り、ふるさと納税をすると返礼品を頂けることが多いです。
各自治体、様々な返礼品があり、とても魅力的です。
というかそれ目当てってのが正直なところでしょうか(^^;

迷いましたが名取市の返礼品の中からは閖上の赤貝が頂けるものを選びました。
だって日本一の赤貝ですよ!
高級お寿司屋さんも欲しがる赤貝ですよ!
で、届いたのが、

どーーーーーん!
01.JPG
デカ!おも!
食べきれる??
こんなにもらっていいの?


届いた瞬間色んな思いが駆け巡りましたが、とりあえず食べよう!
02.JPG

いや美味しい。本当に。
カメラを持つ手が震え、ピントが甘いのも許されよう(言い訳)
日本一の名に偽りなしです。
お酒の進む事この上なし。もちろん東北の日本酒ね。
2,3日でぺロリと二人で平らげてしまいました。

捌くのは大変でしたけど、この美味しさには代えられない。
今度は食べに行くか取り寄せる!
って今が旬なのよね。
「東北うまいもの市場」で取り寄せてみようと思います。
お酒も一緒に販売して欲しいなぁ~(笑)







nice!(11)  コメント(7) 
共通テーマ:グルメ・料理

沖縄そばの麺 [ウチメシ]

 
たまにしか作らないので、なんかちがーう!という麺を作ってしまいがちな沖縄そば。
特にその厚み。いつもアレ?って思ってしまう。
意外と難しい。幅も本当は2mmが欲しいところ。
2mmだったら厚めでもいいのかな。でも最近道具も値上がりしてるしなぁ。悩ましい。

IMG_6742.JPG
覚書
幅 3.5mm
厚 ダイヤル7


今回はどうかなー。
美味しいソーキは炊いてあるのです♪
スープはインスタントの沖縄そばの素があったりします。(^^ゞ




タグ:手打ち麺
nice!(19)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

レモンチキンのタジン [ウチメシ]

 
最近「塩レモン」って流行ってるのね!
モロッコで知ったシトロン・コンフィ。
まさに塩レモンの元祖ですな。
もちろんモロッコの旅から帰ってきて仕込みましたよ。
塩の量が少なかったのか、、レモンの苦味が強調されてしまったようです。

今日の新聞にも作り方が出ていたので、今度はそちらでやってみよう♪
 ※備忘録
   国産レモン2個 くし形に切る。
   塩 大さじ4  粗塩とか。
   塩とレモンを500ml程度の密閉容器に段々に入れる。
    朝日新聞土曜版より


02.jpgこれは我が家で何度か作っているレモンチキンタジン。
モロッコを思い出す味。
とっても美味しいです。
食べやすい大きさに切った鶏肉と塩レモンをビニール袋に入れてもみ、しばらく置くと、お肉がとても柔らかくなります。
レモンは一緒に煮てもいいし、取り除いて新たなものを入れても。
時間がなかったら漬けこむ作業は省いてもいいと思われます。
人参、じゃが芋、玉ねぎ。
サフランがあれば最強。


01.jpgこのタジン鍋は一目惚れしちゃって、私が手荷物で大事に大事に抱えて持って帰ってきたの。
他の荷物は全部ダルマちゃんに丸投げ。
タジン鍋なんか絶対いらんと思ってたのにー。
可愛すぎた。


モロッコの記事、書きたいんですよ。
書きたいんですけど、写真が多すぎて・・・。
写真を見返しては悦に入って満足して終わってます。
あかんがな。




nice!(15)  コメント(7) 
共通テーマ:グルメ・料理

新じゃがのケーキ [ウチメシ]

 
お義父さんの美味しい新じゃが。
たくさん頂いたことだし、たっぷり(700g)使って天板サイズでドーンと。
上のじゃが芋がカリカリして美味しいのです。
IMG_5729.JPG
レシピは1990年発行のオレンジページ増刊号から。
ボロッボロやし(笑)


これは先日の作業。
IMG_5722.JPG IMG_5725.JPG
これまたたくさんいただいた玉ねぎをガッツリ炒めてあめ色に。
録画した「相棒」を2回見ながら汗ダラダラで頑張りました。
北京鍋とΦ25cmのフライパンで炒めはじめたのに、どんどん嵩が減ってフライパンだけで足りるまでに。
2.5kgの玉ねぎが500g足らずになりました。
部屋中、そして私も玉ねぎ臭に・・・。


あっつい最中、こんなことやってます。



nice!(13)  コメント(7) 
共通テーマ:グルメ・料理

ツナサンド [ウチメシ]

  
  先日のツナでサンドイッチ。
なかなか美味でした。

HBでフランスパンを焼き、
オニスラ、グリーンカール、マスタード、マヨたっぷり。
奥はタマゴサンド

写真はありませんが別の日に
浅蜊や玉ねぎ、マッシュルームを加えてパスタも作りました。


自家製ツナ、また作ります。






nice!(16) 
共通テーマ:グルメ・料理

鶏中華そば [ウチメシ]

 
会心の一撃!
美味しさのあまり即日up。
食べるのに一心で写真が一枚しかないんですが。

アマダイのお礼にちゃんぽん用の麺を打ってお送りしました。
あぶかもさんは博多皿うどんを作られ、麺も美味しく召し上がっていただけたようで一安心。
で、あまりにも美味しそうな画像を頂いたので博多皿うどんとかなり迷ったのですが、結局ラーメンに。

長野県上田市にお気に入りのとりそば屋さんがあるのですが、ここのスープはヤクでも入ってるんちゃうかと思うほど中毒性があると言うか、猛烈にもう一度食べたくなります。
ここはラーメンではなく「とりそば」というこだわりがあって、麺もスープもとっても美味しい。
「スープ増し」を注文して最後の一滴まで飲み干すのが幸せな食べ方です。

そのお店の味を真似っこできる訳はないのですが、シンプル鶏中華を作ってみました。
鶏ガラ、真昆布、煮干し、葱、生姜、梅干し。
赤穂の塩、醤油、味醂。
今日は成功!
トッピングは塩麹と生姜に漬けこんだ胸肉を弱火でじっくり焼いたもの、味玉、白髪ねぎ、蕪の葉。

先ほど夕飯に頂いたのですが、すっごく美味しかった!
旨い~~~♪
全部飲み干して完食です。


スープはいつも思うけど難しい。
今回も、冷めていると梅干しの酸味が際立ってとんがった味になりあまり美味しくないのです。
でも熱々にして飲むと鶏の脂も溶けるからか、まろやかになって美味しいのですよ。
ほんと難しいです。


毎度こういうのが作れるようになれるといいのにな。
博多皿うどんも食べたいし、また頑張ろうっと。



nice!(14)  コメント(5) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ゆかりパスタ [ウチメシ]

 
夏に作った赤紫蘇ジュース。
作った後の紫蘇をコチラの方のレシピでゆかりに。

そのゆかりでパスタを作りました。
と言ってもものすごく簡単ですが。

ゆかり、キャベツ、しらす、ナンプラー少々。
で、できあがり。
キャベツたっぷり、パスタ控えめ。
01.jpg


02.jpg火が入るとゆかりの香りが飛んでしまうので、全体に混ぜる量を控えめにして、食べながらかけると香りも残って美味しい。

冷たいパスタにも合いそうです。
パスタは温かい方が好きですけども^^



03.jpgゆかりに使う塩はサラサラタイプがいい感じです。
今回はアルペンザルツ。

塩は控えめに作ってあります。

来年も作ろうっと。






nice!(11)  コメント(5) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

タンメンと冷やしラーメン [ウチメシ]

 
kotobukimaruさんにお送りした麺、もちろん我が家でも食べました。
作ったスープは温かくてもよさそうだったので、まずはタンメン。

01.jpg

暑さがぶり返した日だったので、汗をかきかき完食。
上の写真はダルマちゃんバージョン。
野菜とチャーシューでお腹がふくれそうだったので私は卵抜き。

02.jpg麺は 塩、かんすい、対粉比共に2%
水分はいつもどおり40%ちょい。

いつも通りの水分量だったのですが、ちょっとやわらかい感じの出来上がりでした。で、タッパーにいれて蓋をせず冷蔵庫で様子を見ながら1時間ほど乾燥。そうするといつもと同じような感じになりました。
麺の状態にした日は雨で湿度がとても高かったのです。柔らかくなった原因はきっとそのせいでしょう。
日々の湿度に影響されるのねぇと実感しました。


かんすいはいつもの1.5%より多め。この方が中華麺っぽいね。
今度から2%に決定。

スープは鶏ガラ、昆布、鰹(厚削り節を20分程煮出す)、しょうが、にんにく、くず野菜(セロリ、人参、玉葱、白葱など)、チャーシューを蒸したお汁。
前回より少し脂っぽくなってしまったのは、チャーシューに肩ロースを使ったからとか、鶏の手羽中も入れたからとかでしょうな。


残った一人前を今日のお昼に冷たくして頂きました。
03.jpg

野菜は茹でて冷やした千切りキャベツとにんじん。
緑がなくて大葉を入れました。
夏っぽくてよかったけど、香りがきついから好みが分かれそうです。
つい面倒で卵を包丁で切りました。やっぱり糸の方が多少綺麗に切れますね。味は変わりませんけど。^^

次はこうしよう、ああしよう、と考えるのも楽しい時間です。
あー美味しかった!

お次は花山椒たっぷりの汁なし坦々麺にしよかなー。




nice!(12)  コメント(8) 
共通テーマ:グルメ・料理

山形風冷やしラーメン [ウチメシ]

 
山形の冷たいラーメンを食べたくなり作ってみました。
01.jpg

スープは鶏ガラ、昆布、鰹節、干し椎茸、葱の青い所、生姜、ニンニクなど。
埼玉の地鶏、玉シャモのガラが売っていたので使ってみましたが、アクが少なく、あっさりしている感じでいいかも。脂は徹底的に取りました。冷たくなって白く浮いてるのはちょっとねぇ。

味付けは醤油、白醤油、みりん、塩、酒。
ちょっとみりんが多すぎたかな・・・。
冷たくして食べるので、味は濃い目を意識して。(飲み干せるぐらいですが)
スープは100ccほど凍らせて氷にし、最後に浮かべました。
余談ですが、後日、大勝軒の中華そばを食べたら味がすごく似てたんで驚きました。

チャーシューはやはり冷たい状態で食べるので、脂身の少ない豚モモ肉で。
豚モモ塊400gに砂糖小さじ1を擦りこんだら、塩小さじ2、胡椒少々を刷り込んで2,3日冷蔵庫で放置。
表面をフライパンで焼き付け、圧力鍋に水150cc程度入れ、20分蒸す。
鍋に残ったスープは上記のスープにまぜました。
 ※スープに塩分があるので注意。

卵は冷蔵庫から出しておき、沸騰したお湯に入れて6分半。
冷水にとったらすぐに殻をむいてスープに漬けこんでおきます。
すぐ剥かないなら次の日ぐらいまで置いておくと剥きやすい気がします。

02.jpg麺は細い方がいいかなと思い、
厚さ ダイヤル 6
カッター 1.5mm
かんすい、塩 共に対粉比1.5%
水分 対粉比40%ちょい

んー。
細すぎた?かんすい少なすぎた?
ひやむぎ食べてる気分でした。


下ごしらえはドえらく時間がかかりますが、いざ食べる前の準備は簡単。
火を使うのは麺をゆでるだけですから。
あとのものはよく冷やして、切っておけばOK。

残暑厳しきこの季節、もう一回ぐらい作るかな。



nice!(16)  コメント(10) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | - ウチメシ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。