So-net無料ブログ作成
検索選択

RCZ一年点検 [車]

 
昨日、おしりちゃんの一年点検をしてもらいました。
営業さんから連絡を頂いて、話を聞いていた時、6ヶ月点検と勘違いしていた私。
購入してもう一年も経つんですねぇ。はやい・・・。

気になるところは、と聞かれ、ブレーキパッドに鳴き止め材の塗布をお願いしました。
特に悪い所もなく、消耗品を交換してもらい、さくっと終了。

ブレーキダストがひどいのは欧州車ではお約束。
このRCZも然り。
せっかくのつやぴかアルミホイールが納車一週間でガンメタになりました。んもー。

前の206CCの時にダスト低減型のブレーキパッドに変えたら劇的に減少したので、今回もさくっと交換したのですが、純正品ではないためか、軽微ではありますがちょっと鳴るようになってしまいました。鳴りも軽減するタイプのもののはずなんですがね。まぁ致し方なし。

しかし、ラテンの国の人達ってあんなに見た目にこだわって車作ってるのに、なんでアルミホイールの汚れは気になんないんだろうか・・・。
土足の文化だからでしょうか。靴底程度に考えてはるんやろか。でも靴はこだわるだろ、磨くだろー?
結構ナゾ。



この点検費用は購入時に含まれていますので、今回お支払いはありません。
来年の定期点検も同じように受けることができます。
値段だけみると随分頑張って買った車ですが、車の機能や性能、快適性、こういったメンテナンスプログラムを思うと十分な価値があります。


懐かしのSD選書。メンテのお客様に差し上げていますと、粗品を頂きました。
車型の木製のしおり。
すんごいツボ!めっちゃ可愛い!
キャーキャー喜んでいたからか、整備士のお兄さん、フランス製の化粧水も下さいました。わーい♪
喜びの感情や感謝の気持ちは素直に表しましょう。
得することが多いですたぶん

点検を終えて気分も一新。
さ、これからもよろしくね。おしりちゃん♪







タグ:RCZ
nice!(13)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

おしりちゃんがやってきた! [車]

 
先日、新しい車を買いました。
今まで乗っていたのはプジョーの206ccという小さな2ドア4シーターのオープンカーです。
2008年5月に中古で買いました。過去ログ→
来年、2度目の車検が来るので、それまでに新しい車を買おうと考えていました。
車大好き、というか他に趣味のなさそうなダルマちゃん。
車は結構好き、だからうるさく口を出す私。
二人でヤイヤイ条件を色々挙げ、お互い妥協するところはして、散々ディーラーをめぐりました。
納得して決めた車はボルボのV60
v60.jpg
ボルボのHPより拝借


のはずだったのに・・・・。

何故か買ったのは全く違う車。

と言うか、なんでまた スポーティーカー?(not スポーツカー)

また 2ドア? しかも前より重いヨ!

また プジョー?

だ、大丈夫か、私。

全てはあのDS4を見に行った時から変わったのです。
あの会場には多くのフランス車オーナーが詰めかけていて、駐車場はさながらフランス車の大展示場のようでした、と書きました。

その中で思わず、ハッと目を奪われて駆け寄った車がありました。
車種を認識して即座にしまった、と思いました。

その車は、白く輝くプジョーのRCZ。
発売当初、私はクソミソに言ってた車なんです。
なんでこんな車に駆け寄ってしまったのか・・・。

去年の夏、RCZが発売された時の会話。

「これチョーカッコいいよ!コンセプトカーそのままじゃん!これ欲しい~[黒ハート]
「こんな屋根がオシリみたいな車、嫌や!絶っっっ対イヤ!

アテクシ、一刀両断でございました。
だってこんな流線型の車、もともと好きじゃないし、モーターショーで披露した車をほぼそのまま市場に出してきたのはスゴイと思うけど、ガラスをこんなに曲げる意味が分からん!
本質の全てはファーストインプレッションに潜む。・・・だそうな。
プジョーカタログより


プジョーディーラーで見かける度、ダルマちゃんはカッコいいね~を繰り返し、その度、私はおしりちゃんに用はねぇ、と蹴散らし、オシリオシリと連呼してからかっていました。

ついでに言うなら屋根っつーか頭がオシリってニコチャン大王やんか!


だぎゃー (c)鳥山明

なのに、何故かあの時、綺麗だと思ってしまい。
自分を正気に戻すべく、やっぱり車高が低すぎるだの、運転しにくいだのってケチ付けようと思って試乗したら、意外と見切りが良く、運転しやすそうで・・・。
内装もフランス車らしく美しい・・・。
アレレレレレ。

結局あっという間に購入を決めてしまいました。
激しく自分の感性を疑いました。否、今も激しく不安です。大丈夫か私・・・。ブレブレやん!
ま、そんなもんかもねぇ、という気もしますです、ハイ。

車検は来年の5月ですから急がなくてもよかったのですが、どこのディーラーの営業マンも上半期の決算に向け、必死のパッチで勉強させて頂きます!という感じでしたから、お買い時だったかもしれません。

このRCZはプジョー創業200年を記念して作られた車。
きっと今後しばらくプジョーからこんなセンセーショナルな車は出ないと思いますし、ボルボには作れない車。
作らない車、と言った方が正しいかな。
V60に決めかけていた時、いつかボルボに乗るんだと小娘の時から決めていた私は、あぁとうとうその時が来たのね、と静かに喜んでおりました。でもその楽しみはもうちょっと先まで置いておく事にします。

おかしいな~。なんでかな~。 おしりちゃんに乗ることになるとは・・・。
ダルマちゃんは大喜びです。そりゃそうだ。
ま、いいや、私も気に入ったから。理由のない「好き」の方が長続きすると思っています。

契約書にサインした日、小心者の夫婦はよく眠れず。
ダルマちゃんは私がフランス語をベラベラ喋っている夢を見たそうで、私は仕事で大失敗する夢を見てうなされていました。
結局二人とも3時ごろに目が覚めてしまい、部屋をウロウロ。

最低地上高120mmだよ!大丈夫かな、下こすらないかな?
全幅1850mmもあるよ、左前、ゴリってやりそう!
もう全身ソナーで武装して欲しい!それ、チョーうるせぇよ!

相当ビビリな会話をしながら、昨日、納車の日を迎えました。

206ccのお兄ちゃんでぇす
釣り目でニカっと笑うところは206ccとさして変わらず。プジョーらしい顔です。

おしりちゃんと呼んで下さい。
屋根は何度見てもオシリ。
色も迷いましたが、ファーストインプレッションを大切に!

ありがとね206ccとはお別れですが、あんまり寂しくなかった。
いつもお世話になってるディーラーだったせいか、ちょっと預けてきたって感じ。
3年半で6万キロ。トータルでは8万キロ。
整備したらまだ乗れるよね。
人気のある車種だから、新しいオーナーに出会えるかな。



おしりちゃんは昨日少し走って、今日はダルマちゃんが仕事に乗って行きました。
これからも大切にします。よろしくね。

またボチボチ詳細を書いていきたいと思います。
すでにラテンなプチツッコミ箇所がありましたし!

こうやって憎まれっ子は世にはばかるのね・・・。(笑)



タグ:RCZ
nice!(21)  コメント(21)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

DS4を見てきました。 [車]

 
ニンテンドーDSじゃないですよ!
クルマですよ~。
フランスの老舗メーカー、シトロエンが今秋に発売する車です。

来年車検を迎える我が家は、車の買い替えを検討しています。
あれこれ見ているうちにこの車を知り、実物を見られる日を楽しみにしていました。
展示&試乗会があったのは昨日の土曜日、静岡県は御殿場です。
試乗は先着30名とのことだったので、10時オープンを目指して早めに家を出ましたが、なんせルーズな夫婦です。出発予定時間より遅れて家を出たにも関わらず、のんきに洗車したりして、案の定、試乗はできませんでした(笑)
まぁいつか試乗できるでしょうから私はいいんですけど。

着いた会場の駐車場で歓声をあげる私。
当然、シトロエンオーナーや我々のようなプジョーオーナーが駆けつけていまして、停まっている車はフランス車のオンパレード。
サルコジ大統領もお乗りのC6にはじまり、C5、C4・・・。プジョーもゴロゴロ、ルノーのメガーヌもいましたね。こんなに一気にお目に掛れる時はそうそうありません。まるでフランス車の大展示場のようでした。
うわ~可愛い~、カッコイイ~。DS4を見に来たのも忘れ騒いでいました。

気を取り直してDS4。
次に買う車において、メカニカルなスペック面ではほぼ狙いを定めていますから、あとは見た目や細かいところで気に入るかどうかです。
ホームページでだいたいの事は分かっていますが、実際、どうかな、というところ。

01.jpg外観の大きさはだいたい思った通り。
この車は上半分はクーペスタイル、下半分はSUVという面構えです。変わってるっちゃー変わってるけど、
だからどうした、とかつい言ってしまいそうです。

運転席に乗り込んでまず第一声。
「せま!」

クーペスタイル、ということなので、Aピラーが随分寝ています。
このせいで頭の上の空間が少なくて狭いっていうか、圧迫感が・・・。
ウチの今の車も相当チッコイのでダルマちゃんなんか頭を摺ってます。だから慣れの問題なんでしょうけど、外観の割に窮屈だな~という感想。
ダルマちゃんは、天井の色も黒だから余計圧迫感があるんだとも言ってました。確かに。

02.jpgその圧迫感を軽減させるためかどうかわかりませんが、サンバイザーがスライドして、フロントガラスの面積が増すようになっています。
パノラミックフロントウィンドウとありましたが、それほどパノラミックでも…(笑)


03.jpg運転席に乗り込んでいる顔のデカイ人はダルマちゃん。
やはり見に来ているのは圧倒的に男性が多いですねぇ。
暑いしクサイしちょっと疲れたのはナイショですw

この車、こう見えて4ドアです。

04.jpg後ろのドアハンドルはここ!開けるとスッゲー鋭角なドア!
刺さるわ!

この車を知った時、こんな形状でどうやって窓を開けるんだろうねと言ってたら、はめ殺しという情報がありまして。実物見る前から分かっていたことでしたが、皆さんやっぱり苦笑してました。
まぁ後ろの窓ってあんまり開けないけどさ・・・。今時の車で開かない窓って。見た目重視です(笑)


07.jpgドアの内側。もうちょっと頑張ろうよって感じ。
ここだけ意匠を忘れたかのような素っ気なさ。


08.jpgハンドルは好き。
パドルシフトもついていますから、なんちゃってマニュアル感も楽しめます。
でもこのDSのマークが嫌いねん!普通のシトロエンのマークがいいのに。
シフトレバーは最新のC4と同じもの。ちっさいのよね~。これって、男の人には握りにくくないの?
マニュアルだと違うシフトレバーですし、セールスマンはこの車なら是非マニュアルを!って感じで語ってましたから、ATはこれでいいのかしら。私、もはやマニュアルなんて運転でけへんと思うけど。


05.jpg後ろ姿はズングリムックリ感が否めませんが、まぁまぁかな~。
やっぱりDSのマークが嫌。
トランクルームは広く(370L)使いやすそうでした。


納得のいかないのがワイパーの向き。日本向けにハンドルは右ですが、ワイパーは左ハンドル仕様のままなんですよね。運転席側にしぶきが飛んで、よろしくないのですよ。
しかもね、ウィンカーの音が4種類もあって、お好きなものをカスタマイズ!とか言ってるんですけど、どの音もイラっとする音で・・・・。一番まともな音でもスカした木魚みたいな音なんです。そんなとこ、こだわらなくていいから右ハンドル用のワイパー作ってよ。右ハンドルは日本だけじゃないんだからさぁ。

なんか文句ばっかり書いてますが、想像を乖離したところはなく、会社やデザイナーのこだわりもよく分かりましたし、結論、全体としてはまぁまぁ合格点かな、というところ。(ほな褒めろよ)
でも買わないな、きっと。(どっちや)
ダルマちゃんは私以上に気に入っていた様子ですが、私はこれだったらもう市場に出ているC4の方がいいなーと思いました。一代前のC4はもっと好きなんですがね。C3もすごく可愛いのよ♪

いずれにせよ車選びはとても楽しいです^^
またディーラーで試乗できる日が来たらイソイソと出かけていることだと思います。

06.jpgせっかく御殿場まで来たので箱根で温泉に浸かり、お蕎麦を食べ、温泉玉子や蒲鉾、えぼだいの干物にたたみ鰯を買って帰りました。



nice!(25)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

冬支度 [車]

 
先週の木曜日、雪が降りました。すでに初雪ではありません。
半休で帰ってきたダルマちゃんと一緒にスタッドレスタイヤに履き替えました。
去年より一ヶ月程も遅いです。

これからよろしく冬タイヤの出番です。
車購入時のホイールを付けてあります。
4階から地上まで、ホイール付きタイヤを担いで、降りたり上がったりが最強にしんどい。
2人で作業ですから、私も2本持って降ります。
あ、もちろん一本ずつね(笑)
あーっ おも!
ダルマちゃんはそれに加えて油圧式ジャッキも。
おおきに。

しかしまぁ、この車に変えてからブレーキパッドを交換したり、なんだかんだといじってますので、タイヤの交換なんざ慣れたもんよ。
って言っても、ジャッキアップやナットの付け外しはダルマちゃん任せ。
私はバルブキャップを付け替え、タイヤの溝にはまった小石を取り除き、ホイルを拭いてビニール袋に仕舞います。
バルブキャップを付け替えるのは、これまたイチイチ取り寄せた品だから(笑)
チマっとプジョーマークが入っている可愛いヤツです。
こなれた手つきでサクサクと共同作業。

また春に会おう夏タイヤと16インチのホイール。
これを外して冬用に履き替えました。
上記写真の冬タイヤのホイール直径は15インチ。
←のホイールより少し小さいでしょう?
もうちょっとシュッとしたイメージがエエなぁ~、ってことで、この春にインチアップをしておりました。
趣味の合わない2人が珍しく意見を一致させたプジョー純正ホイール。高かった・・・。(TT)
でもかなりお気に入り[黒ハート]

インチアップとは、タイヤの外径を変えずに、ホイールの径を大きくすることです。
ホイールの直径が大きいと、タイヤの扁平率(横から見た厚み)が小さくなって、カッコよくなります。
見た目重視の私にとって、足回りのカッコよさは猛烈に大事。
はっきり言ってチョー自己満足の世界です。言われなきゃ分らんでしょ、ホイールの直径なんて。
いいんです、車いじりなんてそんなもんです。
インチアップすると、扁平率が低くなるので、コーナーリングでタイヤの変形が少なくなり、グリップ力がちょこっと増すという利点もあります、一応。

乗り心地が悪くなるというデメリットもありますがスルーの方向で。乗り物酔いなんかしまへん。
人生でただ一度の乗り物酔いはペルーで乗ったセスナ機のみ。 あれ、リベンジしたいわ・・・。


方や、15インチのホイール。これも嫌いではありません。
が、車を買った当初はブレーキパッドがすり減っていて、ホイールは鉄粉まみれ
当然のごとく、ブレーキはキーキー言うし、ストレス満開[かわいい]でした。

きったない鉄粉+うるっさいブレーキは、精神安定上、大変よろしくありません。

集中力低持続型のダルマちゃんが珍しく集中してネットで見つけた、ブレーキダスト低減タイプのブレーキパッドに変えて以来、ブレーキの鳴りはもちろん低減しましたし、ホイールも割と綺麗な状態を保つことができ、今は快適です♪
これから春までよろしくね。

雪深タイヤを履き換え、雪に向かってまっしぐらです。
翌日、大町の温泉へ行きました。
葛温泉の「温宿かじか」という施設です。外湯もあるのでいいですね。
大町は安曇野から少し北へ行くだけですが、気温も降雪量もまったく違います。
こんな景色を見ながらダルマちゃんも私も、露天、内湯どちらも一人占め。
誰もいなかった(笑)
お湯でつららを溶かして遊んでおりました。



活動中!そして昨日はタマゴ買い出しのため佐久市へ出張したダルマちゃん。
現役で煙を噴く浅間山を写真に収めながら、我らがプジョー君が走行距離50000キロを超えたとメールをくれました。
昨年5月の購入時(中古です)は19000キロでしたから、大よそ1年半で30000キロ。
結構走りましたかね。

長野で生活してたら当然か(^^ゞ

 
 
タグ:206CC
nice!(20)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

帽子の訳 [車]

この帽子を作る必要が出てきたのは、新しく車を買ったから。
車を買う必要が出てきた訳はいくつかありますが、以前からダンナが「車~車~」と吠えており、、ついに買ってしまいました。
これまで乗っていたのは義弟に。

私も車は嫌いではありません。むしろ好きな方です。
車をこよなく愛する人の気持ちはとても良く分かります。
ウチのダンナさんはもちろん、大好きです。
だから熱くなる局面もございまして。
あーでもない、こーでもないと紆余曲折を経て、中古車ではありますが、夫婦ともども大変気に入った車を見つけ、購入と相成りました。
この「夫婦ともども」っつーのがミソでして。
何かにつけ趣味が合わない二人なんですハハハハハ☆

続きを読む


タグ:帽子 206CC