So-net無料ブログ作成
検索選択

コンロ下の収納を改良 [diy]

 
前回と似たようなDIYですが、コンロ下の引き出し収納に手を入れました。
上下2段ある引き出しの上段、深い引き出しの方です。
00.jpg


最近のキッチンってコンロ下の収納が引き出し式になってることが多いですよね。
これって使いやすいような使いにくいような。
引き出しが深いので立てて収納しましょう!というのが一般的なんでしょうか。立てて収納する為のラックを使ったり書類を入れるプラスチックのボックスに収納したりするのですが、スペースがもったいなかったり、サイズが合わず蓋が転がってイライラしたり、あまり上手くできませんでした。

そもそも鍋やフライパン等調理器具って普通丸くないですか。これを立てると不安定になるのは当然ですよね。引き出しを開けた時にガチャガチャ言うのもちょっと苦手。毎日のことですし自分にストレスかからない収納が良いです。

できるだけ平らに置いて、鍋を重ねるのは二つまで。

となると前回の調理小物を入れている引き出しと同じようにもう一段引き出しを内部に追加するのがよさそう。スライドレールは余ってますし、以前の賃貸マンションの脱衣所で使っていた板もあります。
これが図ったように横幅がぴったりでした。
2枚繋げて使いますが奥行きが深くなりすぎるので、ここは頑張ってカット。
ソーガイドを使うと比較的綺麗に切れます。
01.jpg


何度も使い回している一文字金具で繋げます。
02.jpg


入れたい鍋の高さを図り、それが乗る位置にスライドレールを取り付け、棚板を載せて固定しました。
板は白く塗ろうかとも思ったのですが、以前油性のニスを塗ったのでそのまま使いました。
引き出す時に持ち手があると良いなと思い、イケアで買っていた持ち手を付けました。この持ち手、やっと使えたわ~。もう一本あるけど(笑)
03.JPG


高さ10cm程度のタイトな隙間ですが、薄いフライパンや小さなお鍋などは入ります。
04.jpg


追加した上の引き出し。
フライパン、小鍋、玉子焼き器、鍋蓋。
05.jpg


既存の引き出し。
圧力鍋や深鍋など。
06.jpg


ついでに一番下。
上の引き出しに手を加えるとここが結構空いたので今まで入れられなかったものも入るようになりました。かなり床に近く、結構屈まないと開けられないので、季節ものやあまり使わないものを入れることにしました。
大きくて重いステンレスのフライパン。お肉をドーン!と焼く時に使います。
おでんの鍋や北京鍋。北京鍋、最近使ってないな・・・。
07.jpg


ガチャガチャ言わないようになったし使い勝手も向上しました。
鍋って重いから前に引っ張り出したいのに、引き出しだとそれができないんですよね。

もし私がキッチン収納を設計するなら、引き戸にして、それを開けると底だけ、あるいはあっても低い側板の引き出しにするよな~などど妄想しています。
ま、そういうのももちろんあるんでしょうけど、それはこの家が古くなってリフォームする時の楽しみにとっておきましょう。

こうやって既存のものに手を加えていくのも楽しいです。失敗もたくさんありますけど。
さ、次はどこに手をいれようかな。





nice!(11)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

キッチンの深い引き出しを改良 [diy]

 
先日引っ越しをしました。
これで当分ないと思います。っていうか当分したくない(笑)
一応持ち家になりましたので、これまでのようになんちゃってDIYをするにしても、長く便利に使えるようにしたいなと思っております。

さて、ちょこちょこカスタマイズしてるのですが、まずはキッチンの引き出しから。
調理小物って結構細々とありますよね。
使う頻度もあれこれです。
調理中に一番使いやすい場所にある引き出しの深さがちょっと深すぎてもったいないので、中にもう一段引き出しを追加して収納量と使い勝手の向上を目指します。

このトレーは既存のもので綺麗で頑丈だけど、スペースがもったいないので撤去!(捨ててないけど)
00.jpg

サイズを決めて手持ちの端材でイメトレ。
この時使っていた板から流用。
01.jpg
2段引きの長さ40cmのスライドレールは新たに購入。
他にも必要なものを合わせ買いしてamazonで460円くらいで買えました。
取っ手は大きすぎてこれは却下しました。

下が既存のレール、上が新たに取り付けた方です。
(グレーのプラスチックのものは既存の引き出しを受ける部材です)
02.jpg
水平器を使って水平を出し、左右同じ高さに設置。
DIYって女性の方が向いてる作業もあると思います。
幅が25cm程度しかないこの隙間に肩を突っ込んでドライバーを回す作業は男の人には厳しいだろなー。
電動の道具を使えば力なんかなくたって作業は楽にこなせます。(ヘナチョコな男の人よりずっと力持ちですけどアテクシ)

仮組した引き出しをセットしてみると、
03.JPG
おお、いいねぇ♪

前板などもつけて引き出しを完成させてみると、大きさが微妙に変わってしまい、引き出しが入らないとかスライドが重いとかあれこれありまして、底板を少しずつ削って、なんとかスムーズに動く大きさに調整。

木口テープを貼ると結構サマになりますね。
04.jpg
底板はMDFなのでキッチンにはあまり向いていない素材だと思いますが、トレー置くし、傷んだらまた考えます。
側面に使った木材にはビスの跡があったので、手持ちのシール材で埋めておきました。

取っ手がないと引き出しにくいので、手持ちのものを仮止めしてイメトレ。
05.jpg
なんかちゃうな~。
イケアに安くて小さいのがあったんだけどな~・・・。
でもわざわざ買うのもな~・・・。
ちょっと気を付ければ取っ手なくても引き出せるしな~・・・。
と、まだ悩んでおります。

既存の引き出しにはよく使うものを。
これまで何度も引っ越して家が変わろうともずっと使っていたトレーがやっぱり使いやすいのです。
06.jpg
アメリカで父が使っていたもので、ラバーメイドのもののようです。

上の引き出しは下の既存の引き出しを開けてさらに開けるという、2段階の手間があるので使用頻度があまり高くないものを。
07.jpg
主に魚介類を捌く道具ですね。
ボビンが入っているのは間違いではありませんよ。
もう使わない色の糸のボビンです。
茹で玉子を切るのに便利なのです。

セロテープやマスキングテープのストックもここです。
冷凍品とかによく使うので。(名前を書いておかないとラビリンスが出来上がる)

なかなかスッキリ便利になりました。
まだまだ他の部屋や場所も工夫したいところがいっぱいです。
が、絶対にそうでなくては生活できない!ってことはないので、じっくり考えてボチボチ進めていきます。



nice!(19)  コメント(9) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ティーポットに目盛を付ける [diy]

 
お久しぶりです。
何だかブログを書く気がしなくて。
でもちょっと楽しい作業がありましたので頑張って更新。

先日IKEAに行ったら、おやと思うティーポットを発見。
以前購入して使っているものがあるのですが、そのポットのサイズだけ小さくしたものがありました。
そのミニチュア感が可愛くて思わず買ってしまいました。
03.JPG
 
RIKLIG ティーポット、 600ml入ります。(ちなみに大きい方は1.5L)
朝、コーヒーを2、3杯分入れるのに丁度良いのですが、入れた量がよく分かりません。
マスキングテープを貼って目盛代わりにしてたんですが、貧乏くさいw

で、ダイソーに行ってミニルーターを買ってきました。800円也。
02.JPG

ダイソーで800円ってちょっと手が震えたんですけど…。
いや、冷静に考えたら安いから!

水を入れて量を測り、2本縦に貼ったセロハンテープに目盛を付けます。
05.JPG


ぶれて曲がると嫌なのでマスキングテープを横に2本貼ってその間を削ります。
04.JPG


あっという間に目盛が付きました。
01.JPG

下から400ml、500ml、600mlのラインです。
必要だけど目立って欲しくなかったので、良い感じに加工できました♪

しかし、こういう道具をひとたび持つと、どうも他にも何かしたくなっていけません。
なんか削るもんないかな~。
替えの先端パーツも100円で売ってたし、楽しそう!
チュイ~ン♪ (ルーターの音)




nice!(11)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

保存容器に取っ手を付ける [diy]

 
  これはIKEAのふた付き容器、LJUSTシリーズの1.5Lサイズ

IMG_5219.JPG

粉末の洗濯洗剤を入れています。
目線より少し高い棚に置いているのですが、手前に洗濯機があるので、手を伸ばして取る必要があります。
しかもIKEAサイズでデカいので両手でないと無理。
これ結構面倒で不安。いつか絶対、

ツルッ!ガラガラパッカーン!!ザバー!!!

キーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーツ

スタコラ(ダルマが逃げる足音)


という惨事になりそう。
で、取っ手を付けました。

近所のホームセンターで買ってきた180円くらいの取っ手。
ネジより大きめの穴をドリルであけ、直につけると容器に負担がかかりそうなので、中に端材を入れて補強。

IMG_5223.JPG

取っ手の付け根が本体のカーブと合わず、浮いていたので、
シリコン素材の滑り止めマットを丸く切ったものを挟み込んで隙間を埋めました。
下の写真で分かっていただけるかしら。

IMG_5222.JPG

巨大なマグカップみたいねー。
片手で取れるようになって快適。
プチDIYで不安も不満も解消です♪






nice!(13)  コメント(9) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

キッチンの隙間に家電専用棚 [diy]

 
コメントを書くのに画像認証が必要になって面倒くさいですねぇ。
私は接続会員ではないので、自分のブログにすら画像認証が必要で億劫。
こうなるとブログの更新も気が進まず、皆さんのところでもあまりコメントを残さず、申し訳ありません。

さて、モロッコの続きを書く前に賃貸マンションカスタマイズ。
ウチのキッチンは狭くはないですが、広くもなく、使い勝手が悪い訳ではないですが、ものすごく便利という訳でもありません。引っ越しを繰り返すと入らない家具があったり、毎度面倒ですが、いずれ買うかもしれない持家の時に役立つかなと思って日々精進中。単純にインテリアに興味もありますし。

01.jpg今回手をつけたのはキッチンのこのスペース。
冷蔵庫と作りつけの棚の間にある約33cmの隙間。
最初はゴミ箱を置いていたのですが、上のスペースがもったいない。
引っ越し当時は左に写っている棚の上に家電を置いていたのですが、全て家電で埋まってしまい、これまたもったいない。
そこでこの隙間をキッチン家電の置き場にしたいと思いました。

手持ちの木材が結構ありますのでそれらを使い、買うのは最小限にとどめてDIY。
あれこれ計算し、引き出す棚板のみいつものお店で希望の寸法に切ってもらい購入。


04.jpg家にあったSPFを寸法通りに切って、仮に組み立てて確認したら、昔の残りの白いペンキを見える所にだけ塗って使い切り。
艶ありのウレタンニスは別途購入し、400番くらいのやすりをかけつつツルンツルンに塗りました。
って書くと2,3行で終わるんですが、ここまでが大変なんですよねー(笑)


棚板には大好きなスライドレールを取り付けて完成。
スライドレールはかなり正確に寸法を測って取り付けなければなりません。
買った棚板はとても正確にカットしてくれるので大丈夫ですが、SPF材ってどうよ・・・。
売ってる段階でたわんでますし、自分ののこぎりテクにも全く信用なし。
上手くいかないかも、と半ば諦めながら付けてみたら、意外と大丈夫でした。よかった!


02.jpg我が家で使っている家電を全部押しこんで配置。
上から電子レンジ、炊飯器、ホームベーカリー、精米機。
レンジは消費税が上がるまでにオーブンレンジに買い替え予定。
買い替えるともっと大きくなりますが、買う機種はもう決めてあるので、そのサイズが乗る大きさにしてあります。

炊飯器、HBが乗っている棚がスライドレールのついている棚です。棚の奥行き分全て引き出したいので、3段引きのスライドレールです。2段の方が安価ですが、引き出しでも何でも途中までしか出ないのは効率よく使えないので嫌いです。

家電はそれぞれかなりパツパツに入ってますが、この3段引きのレールのおかげで使う時にガーンと前に引き出せるので問題ありません。蒸気も逃せますね。


03.jpgオーブンの下の隙間にはスイッチ付きのタップを。
家電の待機電力を使いたくないので、未使用時は電源をオフにしています。


06.jpg一番下の精米機の棚は掃除機をかけやすくするため、スライドレールではなくキャスターにし、どかせやすいようにしてあります。

棚の上に乗っている細いものは木口テープ。
棚板の両面は加工してありますが、側面(木口)は集成材が見えるので、目に着く所だけ貼っておきました。


05.jpg家電を乗せていた場所が全て空き、作業台として使えるのでとても便利になりました。

本当はここにパスタマシンを出しっぱなしにして、麺を打ちまくりたいんですよねぇ。

また考えます♪






棚板用のポリランバー。いつもお世話になってるお店。



スイッチ付きタップ。4個口。シンプルな見た目でいい感じ。






nice!(15)  コメント(12) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

フリスクのケースでコードホルダー [diy]

 
01.jpg旅のお供にipod shuffle。
液晶表示もなく音楽しか聞けない潔さと小ささに魅かれて5年前に購入(第2世代)。

充電はUSBコードを使って行うのですが、このコード、どう考えても長すぎです。すごく邪魔。
短いコードも売ってるようなのですが、買うほどでも。

で、フリスクの空箱を使ってコードホルダーを作ってみました。


蓋をパカッとあけ、下の箱の部分の両短辺にドリルを使って半円程度の穴をあけ、やすりで滑らかにします。
02.jpg 03.jpg 元々はフリスクが出てくるところ。            反対側は真中に穴をあけました。


コードを綺麗にグルグルキッチリ入れて、蓋をして完成。
07.jpg 04.jpg


05.jpgパソコンの左横にあるUSBポートを使っています。
  ※後ろにあるのは水陸両用カメラとハンドクリーム。

コードを引っぱり出したり調整したりはできませんが、その必要もないので、スッキリして満足です。
ダルマちゃんが欲しがったのでもう一つ作りました。
職場で使ってるみたいです。結構かわいいでしょ。


DIYっていうか工作レベルのプチDIY。
ドリルドライバを使うとDIYって気分です。




nice!(15)  コメント(7) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

霧吹きを使いやすく [diy]

 
02.jpg少ないですが、いくつか植物を育てています。

乾燥に弱い子もいるので、特に今のこの時期、霧吹きで葉水をあげています。
また、年に1度くらいですが、虫や病気を予防するため薄い薬を散布しています。

こういった水や薬は、葉の表だけでなく裏側にもしっかり与えたいもの。


01.jpg葉裏に水をあげる場合、霧吹きを傾けて下から吹きかけますが、しばらくすると水が出にくくなります。
水を吸い上げるチューブの先が水に浸っていないからですね。
で、霧吹きに少し工夫を。

写真は色が気に入って買った無印の霧吹きです。
※カスタマイズ後の写真です。


03.jpg既存では、こういう細くてまっすぐに伸びた硬いチューブが付いていました。
このチューブのままだと、ノズルを上に向けて使用すると、すぐに水が出てこなくなります。
特に水が少なくなると、ひと吹きでもうダメ。

これを替えましょう。



まず既存のチューブを引っこ抜いて付け根の大きさを計ります。
05.jpg
付け根のプラスチック部分の外径は約5mm。


次にホームセンターでシリコン製の柔らかいチューブを20cmほど買い求めます。66円也。
04.jpg
元々のチューブは付け根の内側に刺さっていましたが、シリコンのチューブは柔らかいので、外側から覆い被せるように付けてみましょう。
付け根の外径5mmに合わせてシリコンチューブの内径は5mm。
今回はあまり関係ないけど外径は7mmでした。
※隣に写っているスペーサーは今回使っていません。



引っこ抜いたチューブの代わりにはめます。
08.jpg
外れないようしっかりと。
長さは霧吹きの底にギリギリつく程度がいいので、少しずつ切って調整します。


先端に適当な穴(直径3mmくらい?)をあけ、ステンレスの小ねじを挿してナットで留めます。
軽く締める程度で。ギュッと締めちゃうと水が通りにくくなります。
常に水に浸かっているので、ステンレスは譲れません。
06.jpg
これで完成。


小ねじとナットが重りになり、柔らかいシリコンチューブが曲がるので、霧吹きを傾けても、水が少なくなっても、常に水の溜まっている方へ先端が移動します。
いわゆる振り子式です。
07.jpg

葉裏にもたっぷり水を与えることができて、なかなか使いやすい♪

もちろんこういう振り子式の霧吹きは売られていますが、見た目がイマイチだったり、近所には売ってなかったり。
霧吹き一個をネットで買うのもねぇ・・・。

なんとなくやってみた経費100円以下のプチDIY。
思いの外、成功でした^^




TVボードを延長しよう [diy]

 
去年、テレビを買い替えました。
小さな14インチテレビデオから42インチのプラズマへ大昇格です。 ドえらい飛び級。
今まで乗せていたTVボードになんとか乗る大きさ。
そして何故だかついでに小さなスピーカーもやってきました。近所の量販店に在庫があったからつい・・・。

そしたらさぁ、当然ですけどTVボードの上に、スピーカーの乗るスペースは無いわけですよ。
テレビの前においたら邪魔だし。左右対称にスピーカーが置けて、アンプやウーハーもちゃんと仕舞える棚が欲しいなぁ。

今使ってるTVボードは安物ですが、捨てるにはしのびないし、脇に同じ高さの棚があればいいのよね。
そんなの探すより作った方が確実ですやん。

で、いつもの材木屋さんで良さそうな木材を見つけ、希望のサイズにカットしてもらいました。
25mm厚のパイン集成材です。
今見たらもう売り切れちゃったみたいです。全部で6000円くらいでした。
カットの精度が高いので、かなりプラモデル感覚で作れます。

着色は本来一番最後でしょうが、綺麗に色が出たところを使いたかったので、最初に色塗り。
最初は楽しい♪
今回は水性ステインを使いました。
既存のTVボードに合わせるため、端材にちょっと試し塗り。

上:オーク→ウォールナット。
中:オークのみ。
下:オーク→薄めたウォールナット→薄めたウォールナット。
ま、一番下が近いかな?

#400のサンドペーパーをかけ、塗っては乾かし、の繰り返し。
乾いたらステインを軽く拭き取り、ウレタン艶消しニスを二度塗り。
何回塗ったら終わるねん!
この艶消しニス、木口面では白く粉がふいたような感じになってしまいました。
目につく部分だけ削ってステインを塗り直し、油性のニスを上塗り。
冬だし乾くのおっそーい!
この辺りで、なり飽きてきました・・・。

左の棚。
簡単そうやのに時間はかかる
こちらの上段にはケーブルテレビのチューナーを置きます。
マンション全体で契約しているので、これがないとBSが見られないのです。この棚は前に引き出せなくてもいいのですが、引っ越してケーブルテレビが不要になったら引き出しとして使うつもり。

引き出しはスライドレールを使いました。スライドレールはかなり正確に作らなければならないのですが、最初のカットが正確だから上手く付きました。自分でカットしたんじゃこうはいきません。

下にはウーハーと御影石を置きます。
は?御影石?
ウーハーの下に敷くといいんだってさ。ダルマちゃんが目をキラキラさせて言うので買わされました。
床への振動を遮断して雑音が減るらしいよ。へー。
興味がない訳ではないのですが・・・。
そもそも変な床材の上に置いて意味あるんだろか。

棚はコの字型だと安定しないので、裏にベニヤを貼っています。
見えないところは手を抜くのが鉄則
うわっ、きったね~。
見えないから、いーのいーの。

右の棚。
ただの箱やのに・・・。
上段はアンプ置き場。
熱を逃す為、アンプの後ろは開いています。
下はDVDを収納する場所です。
ここは埃を避けるためベニヤを貼りました。


幅はこれくらいっと
製作過程でイメトレしながら作ります。
DVDのケースってだいたいどれも同じですよね?
あまり持ってないので良く分かりません。
手前のDVDはダルマちゃんの宝物。

飛び出し防止に直径5mmのアルミのポールを通しました。
穴あけは楽しい♪
ちょっとたわませてはめ込みます。
ヨレヨレのポールなので、すぐにヒン曲がりそうですが、ステンレスは高かったんだもん。

いくつになってもゲームから卒業できません
こちらは小物を入れようと考え中。
100均で箱でも買ってきて整理しようと思います。

ハリボテ
前板にビスが見えるのもアレなんで、一旦MDFを付けてその前に塗装した板を。
MDFみたいな弱い材料でいいのかな・・・。
分かんないけど、手持ちの材料を使いたかったし。

また使うやろか・・・。
天板にネジ頭が見えるのも嫌だったので、側面との継ぎ方はダボ継ぎにしてみました。
専用のダボ錐とセンターポンチがセットになっているものがあったので、これを使いました。
大きなズレはなく、まぁ初めてにしてはこんなもんかなぁ。
あんまりキッチリつかなかった・・・。

キーッ
アンプを乗せる棚もそうしようかと思っていたのですが、もう面倒で、ミニビスで側面から留めてしまいました。
細いビスなので、気を付けてねじ込まなきゃいけないのに、ボーっとしながらやってたら木の中でビスが折れていまい、その勢いでドライバーの先で側面をえぐってしまいました。ガボーン。
あんまり見えないからいいけどさ。何やってんだか。

夜です
足には滑り止めにゴムをペタリ。
既存のTVボードにも貼ります。

ここまでやったらあとはダルマちゃんにお任せ!
配線よろしくね~。
ひく~~~~いレベルで集中力が持続する私と違って、ものすごい集中力を短時間で出し切るダルマちゃん。
とっとと配線して出来上がり!


<左>                                     
チューナー、パツパツですけど何か

<右>
アンプ鎮座!

全体像。
はー疲れた。
あーすっきりした。
試し塗りまでしたのに、色が違いすぎるけど綺麗に塗れたからよしとしましょう。

こんな小さなスピーカーですが、まぁまぁの音が出ます。
私はドンシャリ系の音(高音と低音が強調されていてメリハリのある音)があまり好きではなく、これはまぁ許せるかなーという感じです。
いつかは5.1chサラウンド!という夢を抱くダルマちゃんですが、賃貸マンションでズンドコ音を響かせるのはちょっとアレなので、当面我慢して頂きますが、夢が叶う日にはこれらのスピーカーは後方に回って頂きましょう。
新たに前方用のスピーカーを買うことになったら、これまた悩ましいねぇ。それも楽しみだけど^^
っていつの事だかね~w


今回使ったダボ錐






揃った材料ってテンション上がるよね [diy]

 
過日、届いていたのですが、明日から忙しくなるので、開梱せずにいた荷物。
さっき、どうしても我慢できず開けちゃいました。

ウヘヘ
どさっと木材(笑)

涼しくなったらやろうと思っていたDIY。
私、木材は近所のDIYセンターで買うこともありますが、量が多い時はネットを利用しています。
時々お世話になるのは北零WOODさん。

このお店、図面を送れば希望の大きさにカットしてくれます。
そのカットが素晴らしいのです。
その誤差±0.5mm!
自分じゃ絶対できません。近所のDIYセンターのお兄ちゃんも当たり外れあるし。
ウチの車、チビだから持って帰るの一苦労だし。屋根開けて持って帰ったこともあるわよー。こっぱずかしい!
1カット50円ですが、払う払う!払わせて頂きまーす♪♪

但し、このお店、1万円以上は送料無料なんですが、カットがあると送料がかかってしまうのです。
しかも北海道からだから、ちと割高。
木材はお値打ちだし、カットは最高だし、悩ましいところなんです。

が、ふと楽天のお店を見ていたら、なんと8月31日まで送料無料ではありませんか!
欲しい板は最後の1枚になってるし、慌てて必要な大きさを割り出し、図面を書いて送りました。

で、届いたのが上の写真。
んー、素敵♪
自分じゃこんなスパーッといきません。正確だし、ウットリです。
もう見てるだけでテンション上がってきます。

でも慌てて図面を書いたから、やっぱり間違えてた!(笑)
ま、いーのいーの。目立たない箇所だから。
また出来たら記事にいたします。

この送料無料、皆さん、相当利用されてるようで、すごく注文が増えているそう。
問い合わせも多くて、8月31日までに図面が間に合わへーん!とか、色々(笑)

で、お店側としても、納期が遅れたりもしているので、当面、送料無料期間を延長されるそうです。
いつまでか分からないけど、ヒマになった時、まだそのサービスやってたら追加注文しようかなと考えてます。

ノコギリが苦手なので、本当に助かりました。
必要なら端材も入れてもらえるので、またそれでなんか出来るかな~。
在庫が増えただけとも言いますが・・・。デッドストックとか言っちゃダメ。



欲しい人、急げ~。






洗面所に棚設置 [diy]

 
でけた!さて、新居カスタマイズ第二弾。
洗面所兼脱衣所兼トイレへの入り口。
その用途として面積的には問題ないけれど、棚を置くスペース、まったくなし。
で、洗濯機の上に棚を作りました。

またもあんずさんのブログを参考にさせて頂きました。
サニタリー収納の記事です。
90%以上の高濃度でコピーさせて頂いた、突っ張り型の棚です。

2年以上も昔、この記事を読んだ後、突っ張り用のパーツを買いに走った私です。
作るって決めてから買いなさいよ。私・・・。

「作りたい!」って思った時に、その材料がないと一気にテンションが下がってしまうので、つい買ってしまうのです。
さすがに木材は後ですが^^;

近所のDIYセンターで180円位の角材を2本買い、必要な長さにカットします。
長さは、
突っ張る壁面の高さ - 20mm(突っ張り金具の長さ13mm+クリアランス5mm+下部ゴム厚2mm)です。

棚板と黒のワイヤのカゴはIKEAにて。
 棚板…FABIAN ウォールシェルフ
 ラック…GORM クリップオンバスケット
どちらも、別のところに引っ越しても使い回しができそうです。
棚板は取りつけ金具も付いていたのでお買い得♪

今回は新三郷のIKEAへ。IKEAで初めてまともな買い物した気がする・・・。
港北、船橋、何度か行きましたが、いつもご飯食べて、しょうもない小物を買うだけしかできなかったんです。
レストランちゃうっちゅーのに。
商品がありすぎ、アドレナリンが出過ぎ、妙なセーブが働き、何も買えないという状態です。
家で冷静にネットで吟味してから、めぼしいものを買うのが一番賢いと思います。
何でもデカいし。ニトリや無印の方がいいようなものもありますし。

湿度の高いところで使うので、木材にニスを塗っておきました。
油性はもう使わないぞー
前回の変な黄色は嫌ですし、他の濃い色も浮きそうなので、クリアで。
これはジェルタイプになっていて刷毛を必要とせず、ウェスで刷り込むタイプです。
簡単なのでなかなかいいですね。
ただし油性なのでやはり乾きが遅い(`-´)
今後は水性のニスにします。

さて、突っ張り用の金具はコチラ
アジャスター
12mm以上の穴が必要
説明書きを読むと、右の写真の様に、直径12mm以上の穴を32mm以上の深さで開けねばなりません。
まっすぐ垂直に穴をあける必要があります。
げっ。ピーンチ。
ドリルをまっすぐに突き立てる自信がありません。[ふらふら]

そこで簡易のガイドを作ることにしました。
ガイド代わり
前回のスライドレールに使った角材に彫った穴を利用して、いらない木材に穴をあけます。
この半円に開いた穴をガイドにすると、結構まっすぐ開けられました。
何度か失敗しましたが、下手な鉄砲、数打ちゃ当たるの法則で。
ほぼ垂直に開けられた穴を採用。
この板を本番用のガイドとして使います。
きたなー.jpg
すごいバリ(穴の周りのささくれ)ですが気にしない。
5mm、9mm、13mmの穴をあけて用意。
いきなり13mmで開けると失敗しそうなので、少しずつ広げていきます。

なんか頼りない・・・。
角材にガイドの木を乗せ、動かないように固定して・・・。
って、こんな養生用のテープでは若干動きましたけど(汗

十分でしょ
ま、こんなんでいいでしょ。見えないし。

感動~♪
受け座をはめ込み木ネジで固定。
アジャスターをねじ込んで動かしてみます。
キャ~。突っ張り金具がついたよ~。
あんずさんありがとうございます!

ピンボケ
下は洗濯機の防水パンに当たるので滑り止めにゴムをペタリ。

洗濯機、古いよ、でも現役よ~。ダルマちゃんの婿入り道具よ~。
しっかり突っ張って、棚板を取り付け、完成です~。

出来上がってニタニタ。
一番上にはタオルを置いています。
下の棚には何を置こうかな~。
見るたび達成感でヘラヘラして、整理が進まないという状況にございます・・・。