So-net無料ブログ作成
検索選択

ダルマちゃんの作業着-06 [sewing]

 
ダルマちゃんの作業着、第6弾。
IMG_5813.JPG
今回は皆さまご存じ、はらぺこあおむし。
この土台のエンジの生地、気に入ってたんだけどなぁ。
買った店ではもう売り切れです。もうちょっと買っておけばよかった。


バイアステープは共布だと厚みがでそうだったので、手持ちのものから。
IMG_5814.JPG
どっかで見たわね。
さ、これは何年もつかな。



タグ:シャツ
nice!(18)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

シングルブレストのトレンチコート [sewing]

 
01.JPGnewカマーミシンを使って春物のコートを作りました。
大事にしすぎて使う年齢を逸してしまったリバティの生地。
どう考えてもワンピースとか無理だし、いっそのこと贅沢に裏地にしてしまおう!
ならばスプリングコートだ!という流れです。

以前にも作って思ったのですが、バリバリのトレンチコートはちょっと苦手です。
で、トレンチの好きな要素だけを簡素化して取り入れました。
本来の機能は必要ないので見た目だけの問題ですが、
取り入れたいのは
・エポーレット(肩章)
・ガンフラップ(胸当て)
・チンフラップ(襟元の当て布)
です。
軽い感じにしたかったのでシングルブレスト(前合わせ)に。



03.JPGベルトはカッコいいけどしないので、マーチンゲール(後ろベルト)にしました。
袖口のベルトは長めのフラップ状にしてベルト通しを省略。

しかし、もうちょっとアイロン当ててから撮影すればよかった。
刑事コロンボみたいやん。

表地はネットをフラフラ徘徊していて見つけたナイス生地。
まさにコートの為の生地。手触り抜群、張り、しなやかさ最高です。アパレル用なのか145cm幅なのもいい。
これしかないわ、と喜び勇んで買ったのですが、ちと私の手には負えない生地でした・・・。
もっと練習してからこの生地で作ればよかったなー。
目が詰まってて待ち針が通らず。何度指を刺し、何本縫い針を折ったことか。
縫い針ってミシン針じゃないですよ。ミシン針は全然大丈夫。
ミシンにパワーがあるし、ガンガン縫ってくれました。
手縫い針です、折れたの。しかもボタン付け用。こんな丈夫な針を縫いながら折ったのは初めてです。
すんごい鈍い音がして折れました。しかも4本も。
当初ボタンホールは手縫いで頑張っちゃおうかななんて考えてたんですけど、断念しました。
絶対無理。

02.JPGまた、この生地には合わないパターンにしてしまい、プリンセスラインと袖付けが猛烈に残念な仕上がり。
上手くいせ込みができませんでした。もう少しいせ分を減らさないといけない生地だったなぁ。
これは見るたび凹みます・・・。
※「いせ」とは→

襟は小さ目、立ててもOKなくらいです。
でもこれも要パターン修正。(浮いてる)


04.JPG裏地は上記の通り、リバティです。
すごく気に入って買ったんだけど、これでワンピースってないやろ・・・。白地て。(汗
襟付けたらパジャマに見えそうやし。
百合の柄だと思うんですが、なんか彼岸花っぽく見えるし。

ライナーを付けたくて、ひと手間かけました。
見返しがちょっと浮いているでしょう?この裏にボタンをつけて、そこにライナーをつけるんですよ。
これはボタンが見えなくていいなぁと思ったので採用したんですが、見事に生地を間違えて裁ってしまい、寸足らず。付け足した跡、わかりますかねー。まぁここは許そう。
もちろん腐ってもリバティです。(腐りそうなほど長年ストックしてたけど。)いい肌触り♪
袖だけは一応すべりが良いように裏地を使いました。
袖口からチラっとみえるのもいいなと思って、見えそうなところだけリバティにしてみたり。

05.JPG新しいミシンはこんな鳩目のボタンホールもできる優れものです。
しかもめっちゃ簡単!
ボタンの大きさを決めると自動的に合う大きさに縫ってくれるんです。最っっ高!
ボタンは水牛なんかを使うとグレードも上がるんでしょうが、アフリカに行ってから、そういうのはまぁいいかぁと思うようになりました。
プラスチックですが、このクオリティなら満足です。


06.JPGチンフラップはですね、こんな風に使います。
使いませんけど。だってここまでするならマフラー巻くよ。

しかしこの名前、ちょっと笑いませんか日本人なら。
思わず、え?チン?チンなの?アイスホッケーやってたダルマちゃんが持ってたチンガードのチン?とか一人でウケておりました。奴のチンガードは男性用のプロテクターのことです。(*ノ▽ノ)イヤン
気になって調べてみると顎先のことを英語で「chin(チン)」って言うんですね。
一つ賢くなりました。


パターンの失敗や力量不足が大いにあり、及第点はあげられませんが、生地のおかげで何とか気に入るものができました。着心地、上々です。
目の詰まった生地なので風をあまり通さず、温かい!
襟が頬に触れると、思わずうっとりする滑らかさです。
ライナーは秋が来るまでに作りましょう。


*備忘録
 表地(コットンギャバジン)2m×1,680円=3,360円
 裏地(リバティタナローン)1.5m×2,000円=3,000円?  ※大昔なんで超アバウト
 芯地 アピコAM300 2m×780円=1,560円
 ボタン 23mm 4袋×304円/3個セット=1,216円
 糸 シャッペスパン60#367 2個×250円=500円 
 袖用裏地、チンフラップ用ボタン ストックから 0円
 合計 9,636円


手作りって別に安上がりじゃないでしょ(笑)


参考図書
so-en別冊'97 秋冬号






タグ:コート
nice!(15)  コメント(14) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ワイヤーポーチとペットボトルホルダー [sewing]

    
  姉からミシンを半永久的に借りました。
もう14,5年前のものですが、あれこれできる結構いいコンピューターミシンです。
01.jpg

姪(姉の子)は今年14歳になり、そろそろ女子的小物も増えるでしょう。
で、最近流行ってるっぽいワイヤーポーチを作ってみました。
04.jpg

口の所にワイヤーが入っていて、ガバっと開くので中身を取り出すのに便利そうです。
03.jpg
自分のも作ろうかな。

ワイヤーは市販のものもありますが、結構お高いのでこれも自作。
100均とホームセンターで材料を買って。
05.jpg

あとは欲しいと言っていたペットボトルホルダー
柄が好みかどうかわかりませんけども・・・。
まぁ数のうちに。
中の保冷シートは取り外せるので外側だけ洗えます。
02.jpg

いや、新しいミシン、便利です。
コンピューターがあれこれやってくれちゃうんです。
あったまいい~!
大事にします。

毎日さわってるのでパソコンに向かう時間がありません。
春のコートを作ろうとマニカツ部屋に引きこもってます。
楽しい♪





タグ:縫い小物
nice!(14) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ダルマちゃんの作業着-05 [sewing]

 
s76.jpgダルマちゃんの作業着、5着目です。
のっけから後ろ姿です。

今回、もんのすごく派手になるかと思いきや、そうでもない。
いやそうでもあるか。

ちょっと寂しい気がして右お尻あたりにボブ一匹飛ばしておきました。最近色彩感覚がおかしくなってる気がする・・・。

土台の生地、やっとこれはと思うものを見つけました。
日暮里の大きな生地屋さん、トマトさんの通販です。
昔トマトさんって通販なかったのよねー。
いつの間にか楽天に♪
厚み、素材(T/Cチノクロス)、お値段もいい感じ。
って今確認したら、この生地もう廃番!?(TT)
似たようなのはあるけど。
次作る時また生地探し行脚せなあかんがなー。
大塚屋さんしかなくなっちゃうかなぁ。シクシク。

まぁもう一着分別の色で買ってありますけどね。
特にそっちの色、もうちょっと買っとけばよかったな。


s76-2.jpg上の写真はえらく鮮やかに写ってますが、こっちの方が実物に近いです。
しかし奴の服はデカ過ぎて写真に撮るの苦労するんですよね。色々写り込むんですよ。

さて、今回はご覧の通りスポンジボブ柄です。
この生地はハワイの生地屋さんで買いましたが、日本でも売ってますね。ボブ、いい味だしてるなー。悩みないんやろなー。
一時妙に好きでした。今はダルマちゃんの方がはまってるかも。

s76-3.jpg胸ポッケにはニチャけ顔のボブ。
何だかんだとこのポッケ、何度もやり直しました。
柄の出し方を失敗したり、大きさがまずかったり。
いつまでも気になったり、結局後から直す事を思えば、すぐにやり直すのが一番の早道かつ正解なのです。

しかしせっかくのニチャけ顔ですが、胸ポッケの開口部ですので、たくさん挿されたペンで見えなくなる可能性大。あるいは擦り切れるとか。あちゃー。






タグ:シャツ
nice!(17)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ギンガムチェックのチュニック [sewing]

 
s75-3.jpg前から作りたいなーと思っていたチュニックを作りました。
そう思って気がつけば5年くらい経ってました。コワ。
気合いの必要な大物でもないのにねぇ。

チュニック、便利ですよね~。
体型にどんどん緊張感がなくなる気もしますが、かと言って体にぴったりフィットしている服が流行っている訳でもありませんし。

生地は140番手の双糸使いなのでほんのり光沢があって、とっても手触りがいい。でもこういうチュニックにはもう少し厚手の生地の方がいいかなとも思います。

もう少し大きめのギンガムチェックにしたかったのですが、手触りを優先してしまいました。この小さいギンガムチェック、裁断する時目がまわりそうでした(@@)

んーなんか未就学児童のスモックみたいねー。
童顔の人が着るとさらにそう見えるかもしれませんな。
私が着るとそうは見えないけどね!
今後一度くらいは童顔に生まれてみたいものよのぅ。



s75-1.jpgそでは長めのパフスリーブ。生地をバイアスに裁っているので、おち感が綺麗です。

参考にした本はFemale。
この手の本に載ってるサイズってS,M,Lとか9,11,13号とかなんですが、デカイんですよね。ゆとり分が多すぎっていうか。もっさりする。しかも型紙がついているだけで、具体的な寸法の記載がない。一体何cmなのかがよく分からんのです。でもこのFemaleは寸法も記載されているので、自分に合うサイズかどうかがだいたい分かります。で、まぁMサイズでいけるなーと思ったんですが、そっ袖が!ほそっ!

生地が余っていたので袖だけLサイズに直しました。しかもちょっと強引に。写真で見ても身頃がつれてるのが分かります(汗
あービックリ。
まぁ私も細くないんで当然の結果だったのかもしれませんが、絶対ゆるいんやろ、と思いこんでいましたので・・・。
最近の子ってカリッコリに細いもんなー。寸法もそうなってるのねぇ。失礼しました。


s75-2.jpg後ろは45cmくらいのコンシールファスナーをつけるようになっていたのですが、身頃は結構ゆとりがあるので、頭が通るくらいのあきを作ってボタンで止める方がいいかも。

なんか色々直したり思うところがある作品になってしまいましたが、結構気に入ってます。
生地がよいからかな。それが一番大事かな。
もう一着作ろうかな―。


・参考図書
 Female 08年春号 p.104

・生地
 140/2ブラックツイルチェック 品番7126(いい布ドットコム) 




タグ:チュニック

ダルマちゃんの作業着の補修 [sewing]

 
いい加減ヨレヨレになってきたダルマちゃんの作業着no.2
作ったのは2007年でしたか・・・。6年も着てるのね(@@
柄も薄れてきたし、新しいものを作る予定もあるんですが。

がっ。

もうちょっと着てもらいますよ!
もったいないし、ダルマちゃん一番のお気に入りですから。

しかしさすがにポケットの口がボロボロになってしまい、ちとみっともない。
で、バイアステープで補修しました。
s74.jpg

ボロボロ具合を写真に撮るの忘れました^^ゞ

s74-1.jpg
手でチクチク。
こういう作業も好きです♪
10cm程度ですからあっという間。
これでもう少し着てもらえるかな。


しかしこういう可愛すぎて私には使えない柄がダルマちゃんには使えるってのはどうしてなんだろう。






海賊せんせぇのスキー帽 MarkⅢ [sewing]

 
s73.jpg海賊せんせぇの帽子・第3弾、できました。
スキーの時に被る帽子です。

頼まれてハイハイ~っと安請け合いをしたのは5月に一緒に韓国へ行った時。
ボーっとしてたら、あっというまに12月でんがな、アンタ(汗

前回と前々回のいいとこどりをしたつもりなので、ちょっとは改良できたかな・・・。

前回、ボケ老人呼ばわりされたのがよほど悔しかったのか、ムキになって前々回の型紙を探した私。

あった、あったよ!小さすぎて見落としてた(笑)
この型の方がより頭にフィットするはずなのです。
実際海賊せんせぇもそうおっしゃられてたし。
なんせまんまるにこだわるせんせぇですからな。


s73-1.jpg耳あては前回のを踏襲。
裏のモコモコフリースは生地が残っていました♪

写真はちょっとヘナっと写ってますけど、人が被ればまんまるになるはず。

まず野球帽のような6枚はぎのキャップの型を取って、そこから水泳帽のように4枚はぎに変えました。
野球帽の様なはぎ方だと、キョンシーみたいでちょっとねぇ。


s73-3.jpg本体はこれまで同様、黒のフリース地です。
フリースは少し伸縮する素材なので本当はニット用の糸を使った方がいいのかもしれません。
が、ウチのミシン、あのよく滑る糸が苦手ですので普通の60番で。
ステッチだけは一番小さいジグザグでかけておきました。
効果は疑問ですが。

後ろで結ぶ紐がちょっと細すぎたような気もしますし、気になるところはいくつかあるのですが、そのまま送りました。
もうスキーのシーズンはとっくに始まっていたのですが、北海道へ旅立たれるのには、なんとか間に合いました。
すごく喜んでいると海賊嫁からメールを貰いました。よかった・・・。

おまけに

「北海道のお土産買うてくるて息巻いてるから、暴走せんように阻止するわ~。」と。

うわっっっ。体張って阻止して!全力で止めて!

実は海賊せんせぇねぇ、

お土産のセンス、全くないんです(滝汗

いや、ほんと、そりゃもう。
昔から、うわ~私やったら3秒で捨てるわ~っていうお土産を嬉しそうに嫁に買ってこられてたんですよね・・。
ちゃんと持ってる嫁もエライんですが。

「間違ってもシャケくわえた熊の置物だけは買ってくんなって言っとくわ。」

という友に

ニポポもいらんて言うといて!」

と頼んでおきました。 ※ニポポってコレね→
人形とか私、マジでムリなんで・・・。
コワイやん!夜絶対動くって!

と、失礼なことばかり書きましたが、本当のことなんで(コラ)、海賊せんせぇ、お土産は気にしないでね!
いらんから!(しつこい)


そうそう、いかにこの帽子がまんまるか、海賊せんせぇの御写真でご確認ください。

s73-4.jpg じゃーん。



   写真掲載、嫁の許可頂きました♪
   本人の許可なんぞいらんって嫁が言ったの。



まんっまるでしょ?
こんなにまんまるなのに、やたらと華麗に滑る人、それは海賊せんせぇです^^


これがボロボロになったら、あるいは洗い替えがご入り用な時は、またオーダー承ります。
もうちょっと早く作ることも努力いたしますでーす。




タグ:帽子

サッカー地の開襟シャツ [sewing]

 
ダルマちゃんの夏のシャツ増産。
s72-1.jpg
まだ涼しかった7月中にほぼ出来上がっていたものです。
8月になって冷房の効いた部屋でボタンを付けて出来上がり。

s72.jpgT/C(ポリ65%綿35%)のサッカー地。
お手入れは非常に簡単そうですが、ちょっと暑いかしらん。
セールで半額(300円/m!)だったので思わず飛びついてしまいました。

今回は芯選び及び芯貼りでちょっと失敗。
在庫処分と思って、余っていた芯を貼ったら厚すぎた。しかもT/Cでサッカー生地ということを忘れていて、綿と同じように高温で思いっきり圧をかけて貼ってしまいました。

ちょっと縮んでしまいました。ひぃいい。
当然ですが、せっかくのポコポコしたサッカー地もつぶれてしまい。
身頃の見返し分は、ツンツルテンになったことは目立ちませんが、縮んだのはいただけない。
慌ててアイロンでぎゅうぎゅう引っ張って延ばしましたが、ちょっとつれた感じが残りました。ガックシ。
衿は失敗が目立つので、作り直した方がよさそうな気もしましたが暑くてムリー。
芯を貼った方を裏襟に回すという策に出てみました。
※本来芯は表襟に貼ります。
ま、生地の素材感を尊重したということで・・・。


s72-2.jpgボタンは幾何学模様が彫られていて、うっすらグラデーションの入ったプラスチックのもの。
夏向きな感じでいいでしょ^^

カジュアルなシャツはボタンが少し大きめでもバランスがいいようで(しかもダルマちゃんは既製服サイズXLとかXXLとかやし)、これまではΦ11.5mmのものを使っていましたが、これはΦ13mm。
このくらいの方がいいみたいです。


そして、この生地、ものすごく中途半端に1mぐらい余りました。
大人の服で1mでできるもんってあるかなー。
こうして端切れがたまってゆくのです。




袖口リボンのブラウス [sewing]


s71.jpg夏のブラウスをいっちょ。
袖口に細いリボンを入れてあるので、絞ったり延ばしたりして少し雰囲気を変えることができます。
丈はお尻の真中くらい。裾にゴムが入っているので、ボトムに合わせて適当な位置で。

素材は透け感のある綿ローン。
番手違いの糸で織り上げられているのためストライプのように見えます。縦ストライプでしたが、横方向に使いました。
いつもの生地屋さんで。
ダルマちゃんのシャツ用の生地を買ったのですが、つい私の分も買ってしまいまして。

前後身頃、形は同じです。首ぐりの深さだけが違います。
前後同じパターンの服ってちょっと着辛い気がします。
抜き衣紋になるっつーか。
形は気に入っているので、次回ちょっと工夫しようかな。
生地ももう少し柔らかいものか、バイアスで仕立ててみようと思います。


s71-1.jpgちょっと私には可愛すぎるベージュピンク(笑)
迷ったのですが、金古美のスタッズ風パーツを肩につけてみました。
こういう金属を付けると自動的にピアスやその他のアクセサリーの色も決められてしまう気がするんですが。
縫い止めているだけなので、気に入らなければ外せますし。

夏の服は比較的パーツも少なく、作製は楽ですが、だからって気を抜いて作れるかっていうとそうでもないと思います。共布で細いバイアステープ作ったり、つれやすい脇の辺りの縫い方とか、結構神経使います。
見た目も着心地も結構難しいんじゃないかと。
「ふんわりしたデザイン」とか「たっぷりの生地で」って書けば聞こえはいいかもしれないけど、私が着ると「もっさり」になってしまうのです。
立体的で生地の重さを感じさせず、かるーく体に沿いつつ、窮屈でなく、適度なゆとりで流行りを追いすぎていない服。が、理想かな。

参考にした本はかなりいい線を行っていて、これは!と思うものがたくさん載っていたのですが、あまりパターンを多くしたり複雑にしたりすると敬遠されるのでしょうか。簡略化せざるを得ないのかなぁ。
もう少し体にフィットするような、あとちょっと踏み込んだパターンだったら言うことなかったのになぁ。

まぁそんなに言うなら原型使って自分で作りなはれってことなんでしょうけども。
そうなんだけど、原型使って起こすほどのパターンでもない気がするし・・・。ブツブツ。

服を作るとなると、かなりブツクサ言っている私ですが、結局のところ、悩んだり、実験的にパターンを起こして頭の中がこんがらがっている状況を楽しんでいるのであります^^

そろそろアイロンの暑さにとろけそうですねぇ。




参考にした本
作って着たい大人服(レディブティック2012年7月号増刊)

作って着たい大人服(レディブティック2012年7月号増刊)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ブティック社
  • 発売日: 2012/05/22
  • メディア: 雑誌





タグ:ブラウス

2色コードレーンの半袖シャツ [sewing]

 
s70-1.jpg爽やかな季節が続きますね。
ミシンもアイロンも触りやすくて快適。

ダルマちゃんの半袖シャツが少なくなってきたので作りました。
この生地は何だろう。コードレーンでいいのかな。
ストライプが赤と黒の2色でちょっと珍しくないですかね。
アイロンはかけてもかけなくてもいいような。
形は至ってノーマル。


s70-4.jpgポケットはウメさんが作られていたように、裏地を付けて2重にし、布端が見えないようにしました。
ポケットの内側なんて、もともと見えにくいんですけどね。
このひと手間がグレードをあげるのさ!

ダルマちゃんにとってポケットは飾りではなく、使うもの。
ケータイやなんや入りますし、強度も出て良いと思います。
今度からもこの方法で作ろうっと。
ウメさんありがとうございました(^^人)


s70-2.jpgボタンは先日大人買いしたメタル調のもの。軽くてシャツにはいいね。これ、私のシャツにも使いたいです。
なんかかわいい。

千鳥がけでつけました。
#20程度の糸1本どりで3回。2本どり2回だとニクニクしく、千鳥だか何だか分からなくなります。
両脇を止めてから中央を止めます。こうすると中央の線が強調されて千鳥っぽさが出ます。


s70-3.jpg柄ものの生地には、どっかに単色の生地を持ってきて少し引き締めたい。
赤のダンガリーで裏襟、裏台襟、裏ヨーク、ガジェット、袖口の裏(一部)、胸ポケット口の内側。
ケチって30cmしか買わなかったから袖口の裏は一部しか使えず。
ガジェトは本来補強の目的で付けますが、いいよね、これ。アクセントになって。


しかし、どこぞのファミレスかファーストフード店の制服っぽいのが出来上がってしまいましたわ~。
ワタシ耳遠くないって、ってツッコミたくなるような大声で

「いらっしゃいませお客さまー

  ご注文はお決まりでしょうかー」


って言って欲しい。





他にも欲しいものがあるから、また大人買いするのだ。





タグ:シャツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。